ソル・ギョングの最高傑作! カンヌ特別招待作品『名もなき野良犬の輪舞』日本公開決定

韓流・華流 スクープ

» アカデミー賞ノミネート作品を劇場で観よう! ムビチケ15,000円分プレゼントキャンペーン
『名もなき野良犬の輪舞』(c)2017 CJ E&M CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED
『名もなき野良犬の輪舞』(c)2017 CJ E&M CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED 全 1 枚 拡大写真
第70回カンヌ国際映画祭特別招待作品として上映され、各国のジャーナリストから大絶賛された、『マイPSパートナー』のビョン・ソンヒョン監督作『不汗党』(原題)が、『名もなき野良犬の輪舞』の邦題で5月5日(土)より日本公開されることが決定した。

あらすじ
犯罪組織でナンバー1に成り上がるという野望を持つ受刑者のジェホ(ソル・ギョング)は、刑務所へ入所してきた野心的な新入りヒョンス(イム・シワン)と出会う。ジェホはこれまでの人生で一度も他人を信じたことはなかったが、ヒョンスが奇襲からジェホを救って以降、2人はお互いに信頼しあい、一緒に働くことを誓う。出所後、彼らはチームを組んで犯罪組織を乗っ取ろうとするが、次第にそれぞれの秘めた動機が現れ始める。彼らの信頼の下に潜む真実が姿を現すとき、2人の関係は哀しきものへと変わっていく――。

主演を務めるのは、『力道山』『監視者たち』のソル・ギョング。今回彼の演技が高い評価を得、数々の主演賞を獲得。本作は、彼の最高傑作といっても過言ではないようだ。ソル・ギョング演じるジェホと一緒に働くことを誓うヒョンスには、『弁護人』のイム・シワン。今作では、いつもの好青年の印象とは真逆な暴力的な男を演じ、話題を呼んだ。

2人のほかにも、『アジョシ』で強烈なインパクトを残したキム・ヒウォン、『王の運命-歴史を変えた八日間-』のチョン・ヘジン、さらに韓国映画界の重鎮ホ・ジュノが特別出演している。

また、80年代の香港映画やヨーロッパ映画のような古典的でスタイリッシュな映像は、既存の韓国ノワールとは一線を画すハードボイルド映画として、昨年のカンヌでの上映を皮切りに、第54回大鐘賞映画祭、第37回韓国映画評論家協会賞、第38回青龍映画賞など、主要な韓国の映画賞を席巻した話題作だ。

『名もなき野良犬の輪舞』は5月5日(土)より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加