『リアリティのダンス』作品情報

公開の映画作品
リアリティのダンス

あらすじ

1920年代、幼少のアレハンドロ・ホドロフスキーは、ウクライナから移民してきた両親と軍事政権下のチリ、トコピージャで暮らしていた。権威的で暴力的な共産主義者の父と、アレハンドロを自身の父の生まれ変わりと信じる母に愛されたいと願いつつも 大きなプレッシャーを感じ、また、ロシア系ユダヤ人であるアレハンドロは肌が白く鼻が高かったため、学校でも「ピノキオ」といじめられ、世界と自分のはざまで苦しんでいた…。青い空と黒い砂浜、サーカス、波が運んだ魚の群れ、青い服に赤い靴。ホドロフスキー監督は映画の中で家族を再生させ、自身の少年時代と家族への思いを、チリの鮮やかな景色の中で、現実と空想を瑞々しく交差させファンタスティックに描く。

予告動画・特別映像

スタッフ

監督

アレハンドロ・ホドロフスキー

キャスト

作品データ

  • 2014年7月12日より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、 渋谷アップリンクほか全国にて順次公開
  • 原題La Danza de la Realidad/The Dance Of Reality
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© “LE SOLEIL FILMS” CHILE・“CAMERA ONE” FRANCE 2013
ジャンル
感情タグ