染谷将太インタビュー “初恋”の想い出はちょっぴりビターな味…?

恋した相手を遠くから見つめていた日々、好きな人と2人きりになった時のドキドキ感、切なすぎて涙がとまらなかった想い出…誰にでも忘れられない“初恋”があるものだ。11月4日からスタートした日本映画専門チャンネル「First Love〜ボクらの初恋〜」特集では、“初恋”をテーマにした作品を毎週金曜日に放映中。『空気人形』、『サヨナラCOLOR』、『ウルトラミラクルラブストーリー』など、さまざまな視点から初恋を描いた映画が数多くラインナップされているほか、俳優の染谷将太がナビゲーターとして出演している。そこで、彼が主演する、誘拐監禁事件の被害者である男女のピュアで残酷なラブストーリー『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』について、染谷さん自身の初恋の想い出について、“初恋”をキーワードに19歳の俳優の今と過去とこれからを語ってもらった。

最新ニュース インタビュー
『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』染谷将太
『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』染谷将太 全 12 枚
拡大写真
恋した相手を遠くから見つめていた日々、好きな人と2人きりになった時のドキドキ感、切なすぎて涙がとまらなかった想い出…誰にでも忘れられない“初恋”があるものだ。11月4日からスタートした日本映画専門チャンネル「First Love〜ボクらの初恋〜」特集では、“初恋”をテーマにした作品を毎週金曜日に放映中。『空気人形』、『サヨナラCOLOR』、『ウルトラミラクルラブストーリー』など、さまざまな視点から初恋を描いた映画が数多くラインナップされているほか、俳優の染谷将太がナビゲーターとして出演している。そこで、彼が主演する、誘拐監禁事件の被害者である男女のピュアで残酷なラブストーリー『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』について、染谷さん自身の初恋の想い出について、“初恋”をキーワードに19歳の俳優の今と過去とこれからを語ってもらった。

染谷さんといえば、先日のヴェネチア国際映画祭で上映された園子温監督作品『ヒミズ』で、最優秀新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞したことで、一躍注目を浴びている期待の若手実力派。9歳の頃から子役として活躍、19歳を迎えた現在は「自分がこれからどんなところに向かっていくのか、それが楽しみなんです。単純に映画が好きなので、素晴らしい監督と素敵な役者さんたちとたくさんのスタッフと一緒に仕事ができていけたら、それだけで幸せ」と、映画の世界にどっぷりと身を置いている。

彼が俳優として生きていこうと決意したのは『14歳』という映画への出演、それがきっかけだった。「周りの役者さんに刺激を受けて、初めて自分が“映画の現場にいる”っていうことを意識した作品でもあって──そのとき、俳優をずっとやっていけたらいいなと思ったんですよね」と、4年前の自分自身の決意を思い返す。よく行く場所は名画座、最近のブログに綴られているのは『シネマトグラフ覚書』、『宣戦布告』、『狂った野獣』といった作品。そこからも染谷さんがどれだけ映画の世界に惹かれているのか、容易に察することができる。

長所は、好きなことはとことんのめり込むこと。短所は、苦手なものは触りもしないこと。自分の性格をそう分析する染谷さん。『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』では、まーちゃんを一途に愛するみーくんを演じているが、とことんのめり込む性格だからこその苦労もあった。
「初めて台本を読んだとき、みーくんは純粋すぎるというか、純粋すぎて気持ち悪い正義のヒーローだなと思ったんですよね(笑)。撮影前の準備としては、監督の瀬田(なつき)さんからバスター・キートンの映画を観ておいてほしいと言われていたので、彼の作品は観ました。キートンの無表情なのにコミカルな動きというのが、みーくんに通じるものがあるんじゃないかという理由なんですけど、無表情だけど暗くならないように演じる、それがなかなか難しくて。実際、リハーサルの段階では全然みーくんをつかめていなかった…。でも、初日のファーストカット、本編ではカットされているシーンなんですけど、そのシーンを撮ったときに『これだ!』って思えたんです。(まーちゃんが通う)学校を探して道を歩いている、ただ歩くだけのシーン。セリフがなくて動きだけのシーンが最初の撮影だと役柄をつかみやすいんです。そういえば、『ヒミズ』も動きだけのシーンがファーストカットでしたね」。

役が下りてくる、役が入り込む、そんな演技をする俳優はよく憑依型と言われる。染谷さんの話を聞いていると彼もまさにそのタイプであることは間違いなく、「役に集中するのはカメラの前に立ったときだけにしたいと思っているんです。性格上、そうしないと持たないというか。撮影が終わると、1週間ぐらい何もやる気が起きなくなるんですよね。“みーまー”をやっていたときは、まだ高校生だったんですけど、学校に行っても放心状態で。自分でも知らないうちに、映画の現場では常に興奮している状態にあるのかもしれないですね。なんていうか、小さな子供がディズニーランドに行って帰ってきて、遊び疲れてぶっ倒れる、そういう感覚に近いのかも(笑)」という話からも、演じているときの集中力の大きさが伝わってくる。もちろん、そこにたどり着くまで、撮影初日を迎えるまでにさまざまな準備をしている努力があってこそ。興味深いのは、準備で身につけた知識を撮影前に「すべて削ぎ落とすこと」が染谷流の取り組み方であることだ。
「いろいろやってみて、削ぎ落ちたという感じですね。めちゃくちゃ大量の油を使って揚げた揚げ物の油を、クッキングペーパーで搾り取って、結果、芯しか残らなかったっていう感じ? 毎回、どの現場でもそうなんですけど、準備期間中に監督といろいろと話をしたり、どれだけリハーサルを重ねても、初日にそれをぜんぶ壊しちゃう、ぜんぶ捨てちゃうんです。準備しているときは、後で捨てるぞ! とは思っていないですけどね(笑)」。

凜としてキリッとした顔立ちからクールさを感じさせる染谷さん。その寡黙に見える美しい仮面の奥には、映画を愛して止まない、演技のことを話し出したら止まらない熱い情熱があった。けれど、初恋特集にちなんで自身の恋愛観に話が移ると、急に言葉数が少なくなり照れ出す──。とても正直な人だ。そして、はにかみながら語ってくれた初恋の想い出は、幼稚園の頃の想い出。
「初恋は…幼稚園のときですね。初めて好きになった女の子に、ある日のお弁当の時間、好きな人はいるの? って聞かれたんですよ。僕、あなたですって(ストレートに)言っちゃったんですよね。そしたら、その場がシーンとなっちゃって。その後、向こうから話しかけてこないので、僕も話しかけづらくて。そのまま話さなくなって、あやふやのまま卒園しちゃったんです。別々の小学校に進んだんですけど、たまにすれ違うこともあって。でも、声をかけてもらえず…。それが僕の初恋(苦笑)。面と向かって“あなたです”なんて、今の自分じゃ絶対に言えないですけどね」。では、今だったらどう答える? 「うーん…、それなりにいるんじゃないですかねぇ、とか言ってごまかしちゃうかな。基本、告白もしないし、待つこともしないタイプ。気になる子が自分のことを好きだって知って、攻めてこられると引いちゃうこともあるし。だから、いつの間にか付き合っている、というのが理想。ただ、これまでに友達から恋愛に発展したことはないので、たとえば、僕がその女の子を好きなことも、その子が僕のことを好きなのも両方好きなことを知っている友達がいて、その友達が仲介役になって自然に付き合うっていう、そういう始まり方なら…(笑)」。

俺ってダメだなぁと言葉を詰まらせながらも、自身の恋愛観を語るその無器用さもまた魅力的。そして、『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』で演じたみーくんの一途さを「みーくんのまーちゃんに対する感情はとてもシンプル。愛しているだけ。ただまーちゃんを愛しているだけ、それに尽きると思います」と真剣に力強く訴えるその言葉にこそ、染谷さんの恋愛観があるような気がしてならないのは、やはり彼が演技派だからなのだろうか──。



特集「First Love〜ボクらの初恋〜」
CS日本映画専門チャンネルにて、11〜12月の毎週金曜、初恋をテーマにした映画作品を放送。TV初放送となる染谷さん出演の『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』を始め、さまざまな初恋の形を描いた邦画をセレクトしてお届け。映画本編の前後には、チャンネルだけでしか見られないオリジナルである染谷さん出演の映画紹介ミニ番組もあわせて放送。

「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」
放送日: 11月25日(金)23:30〜ほか

日本映画専門チャンネル:http://www.nihon-eiga.com

《》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/