長野博の登場に歓喜&大泉洋“東海林”の運命にも様々な声「ハケンの品格」6話

篠原涼子が伝説の“スーパーハケン”役で主演する「ハケンの品格」の6話が7月22日放送。今回は下請けの弁当屋を巡るストーリーが展開。SNSは弁当屋の社長役で出演した長野博に注目する声とともに、大泉洋演じる東海林の過酷な運命にどよめきも起きている。

最新ニュース スクープ
「ハケンの品格」第6話 (C) NTV
「ハケンの品格」第6話 (C) NTV 全 7 枚
拡大写真
篠原涼子が伝説の“スーパーハケン”役で主演する「ハケンの品格」の6話が7月22日放送。今回は下請けの弁当屋を巡るストーリーが展開。SNSは弁当屋の社長役で出演した長野博に注目する声とともに、大泉洋演じる東海林の過酷な運命にどよめきも起きている。

本作は篠原さん演じる語学堪能、あらゆる資格を保持、超高額時給の“スーパーハケン”大前春子を主人公にしたお仕事ドラマ。13年ぶりの新シーズンとなり、再び食品商社S&Fへ派遣されることになった春子が、“働き方改革”の真っただ中にある令和の日本を舞台に、再び働く者の品格を問う…というストーリーになっている。

篠原さんはじめ、小泉孝太郎、大泉洋、勝地涼、上地雄輔ら前作からの続投組と、杉野遥亮、中村海人(Travis Japan/ジャニーズJr.)、吉谷彩子、山本舞香、塚地武雅、伊東四朗らが今シーズンからの参加組で新たな物語を描き出していく。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
今回は宮部社長(伊東さん)からの命令で、会社の立て直しを任されることになった東海林(大泉さん)だが、会社はAIを導入して利益率に基づいて徹底的にムダを排除するつもりだと知る。


一方、里中(小泉さん)は自身肝いりの弁当屋「隅田フーズ」に浅野(勝地さん)達をつれて行く。隅田フーズは昔ながらの日本の良さにこだわっているため利益率が低く、コストカットされる運命だと知った東海林は、そのことを里中に告げる。


里中に協力することになった春子は「これはAIとの斬るか斬られるかの、真剣勝負です」と断言、弁当の売り上げが日々の天気に左右されていると気がつく…というおはなし。


「隅田フーズ」の社長・隅田厚を演じたのは、2008年以来12年ぶりの日本テレビドラマ出演となった長野さん。丁寧な弁当作りで結果的に新たな道を切り開く隅田を演じた長野さんに、「長野博さんが本職のお弁当屋さんに見える」「長野くんのまごころ弁当は絶品に違いない」などの声が上がる。


一方、AIが新たな業務改善案として社員のリストラを提案。そのなかには東海林の名前も…下請け切りという汚れ役をやらされたうえリストラ候補に挙がってしまった東海林に「東海林くん、戻って来たばかりで退場」「東海林さんがAIのリストラ対象者に」「AIがやったら派遣の方が給料も人件費高くないし社員切られるよなぁと思った」など、東海林の過酷な運命にも様々な声が寄せられている。

《笠緒》

特集

この記事の写真

/
友だち追加