重力を感じさせない神業ダンスを披露『リル・バック ストリートから世界へ』予告編解禁

闘争の街メンフィスで育った少年リル・バックが1本の動画をきっかけに世界的なダンサーとなり、メンフィスの光になるまでの軌跡を描くドキュメンタリー『リル・バック ストリートから世界へ』が、8月20日(金)より全国にて公開。併せて、予告編が解禁された。

映画 洋画ニュース
『リル・バック ストリートから世界へ』 (C) 2020-LECHINSKI-MACHINE MOLLE-CRATEN “JAI” ARMMER JR-CHARLES RILEY
『リル・バック ストリートから世界へ』 (C) 2020-LECHINSKI-MACHINE MOLLE-CRATEN “JAI” ARMMER JR-CHARLES RILEY 全 12 枚
拡大写真
タフな闘争の街メンフィスで育った少年リル・バックが1本の動画をきっかけに世界的なダンサーとなり、メンフィスの光になるまでの軌跡を描く感動的なドキュメンタリー『リル・バック ストリートから世界へ』が、8月20日(金)より全国にて公開。併せて、予告編が解禁された。

>>『リル・バック ストリートから世界へ』あらすじ&キャストはこちら

この度解禁された予告編は、まだあどけなさの残る青年のリル・バックが自ら撮影した動画からはじまる。そしてメンフィス出身のラッパー、アル・カポーンの人気曲「Memphis Pride」にのせ、リル・バックのダンスの原点であり夜になるとダンスフロアに変わる伝説的ローラースケート場「クリスタル・パレス」が映し出される。ダンスが好きで、「何でも自分のダンスに取り込んだ」と話すリル・バック。「俺たちは人殺しになるよりダンスがしたい」という言葉からは、彼の過ごしたメンフィスの過酷な現実が伝わってくる。


またメンフィス発祥のストリートダンスであるメンフィス・ジューキンにとどまらず、バレエも習い始めたリル・バックはヨーヨー・マと「瀕死の白鳥」で共演。その際にスパイク・ジョーンズが撮影し、世界にリル・バックを知らしめた映像も流れる。「ストリートとクラシックが化学反応を起こした」「ジューキンの動きには人生が込められている」と言う彼の、超絶的な足首の柔らかさから生み出された重力を感じさせない動きに釘付けにさせられると同時に、変わらぬメンフィスとの繋がりが伝わる予告編に仕上がっている。

『リル・バック ストリートから世界へ』 (C) 2020-LECHINSKI-MACHINE MOLLE-CRATEN “JAI” ARMMER JR-CHARLES RILEY
『リル・バック ストリートから世界へ』は8月20日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/