井上真央、“美人”役だと勘違い「図々しかった…」 実際は地味なOL役

最新ニュース レポート

井上真央&綾野剛&蓮佛美沙子&菜々緒&貫地谷しほり/『白ゆき姫殺人事件』プレミア試写会
井上真央&綾野剛&蓮佛美沙子&菜々緒&貫地谷しほり/『白ゆき姫殺人事件』プレミア試写会 全 10 枚 拡大写真
女優の井上真央が2月26日(水)、都内で行われた主演作『白ゆき姫殺人事件』のプレミア試写会に出席した。原作を読んだ際、殺される美人OL役だと勘違いしていたと言い、「図々しかったんですが…」と思わず赤面。本作では犯人だと疑われる地味なOLを好演している。

人気作家・湊かなえの原作を基に、中村義洋監督が映画化した本作。プレミア試写会には井上さんと中村監督に加えて、共演する綾野剛、蓮佛美沙子、菜々緒、貫地谷しほり、金子ノブアキが出席した。

化粧品メーカーに勤務する美人社員OL・三木典子(菜々緒さん)が何者かに殺され、同期入社の地味な女性・城野美姫(井上さん)に疑いの目が向けられる。新米ディレクター・赤星雄治(綾野さん)は、美姫の同僚、幼なじみ、家族へ取材を重ねる一方、その情報をツイッター上で拡散させて…。過熱報道やネット炎上といった、現代社会が抱える“闇”に焦点を当てた重層的なサスペンスだ。

劇中では井上さん演じる美姫の言動が、証言者の主観によって180度変わってしまうことも。それを演じ分ける井上さんの苦労は想像に難くないが「この人なら、こういう美姫を想像するだろうと、微妙に(演技を)変えていくのが楽しかった」とさすがの女優魂。中村監督との初タッグを「まるで共犯関係のようで、いろんなことを企みながら役作りした」とふり返った。

一方、綾野さんは「本当に薄っぺらい、どうしようもない男なんですよ」と自身の役どころを酷評。また、金子さんは美姫を翻ろうする会社の上司を演じ「本当にサイテーな男。台本を読んだ第一印象は、クズだなと」とこちらも厳しい評価で、会場を笑いに包んでいた。

映画にちなみ“ゴシップ暴露合戦”が始めると、「菜々緒ちゃんは夜中に、から揚げや焼きそば、それに五平餅を食べていた」(井上さん)、「昨日、映画の宣伝で、真央ちゃんとバラエティ番組の収録をしたが、どうも途中で寝ていた疑惑が…」(菜々緒さん)と本編以上の熾烈なバトルも!?

中村監督は「これほど多くの女優さんとお仕事するのは初めてで、正直『女優さんって、わがままだったら、どうしよう』と心配もしていた」とポロリ。実際には「皆さん、本物の男より“男っぷり”があった」と井上さんら女優陣を称えていた。

『白ゆき姫殺人事件』は3月29日(土)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集