鈴木拡樹、舞台「煉獄に笑う」主演に!

最新ニュース スクープ

鈴木拡樹&「煉獄に笑う」ビジュアル-(C)舞台「煉獄に笑う」製作委員会
鈴木拡樹&「煉獄に笑う」ビジュアル-(C)舞台「煉獄に笑う」製作委員会 全 5 枚 拡大写真
福士蒼汰、中山優馬、古川雄輝ら最旬俳優勢ぞろいで2018年2月に実写化される、唐々煙・著の大人気コミック「曇天に笑う」。それより時代を300年を遡り、日ノ本最大の湖・琵琶湖を舞台に大蛇を巡る物語を描く「煉獄に笑う」が、2017年夏、鈴木拡樹を主演に迎え、待望の舞台化されることが決定。

時は天正、戦国乱世の真っ只中。300年に一度、日ノ本最大の湖・琵琶湖に甦るといわれる伝説の化物「大蛇(おろち)」。その「大蛇」には絶大な力が宿るという言い伝えがある――。時の武将たちは、それぞれに、大蛇の絶大なる力を追い求めていた。織田家家臣・羽柴秀吉の命を受け、大蛇に繋がる髑髏鬼灯の謎に挑む小姓・石田佐吉(後の石田三成)。大蛇に関わりがあるとされる曇神社八代目当主・曇芭恋と阿国を巻き込んで、織田家の対抗勢力、伊賀・百地家当主・百地丹波との一戦をむかえる…。

主演を務めるのは、舞台「弱虫ペダル」荒北靖友をはじめ、舞台「刀剣乱舞」主演・三日月宗近役、舞台「ノラガミ」主演・夜ト役など、いまや2.5次元舞台で欠かすことのできない人気俳優となった鈴木さん。演じる石田佐吉役は、羽柴秀吉の小姓。秀吉の命により、絶大な力を宿す「髑髏鬼灯」を探す旅に出る。秀吉への忠誠心が強過ぎるあまり、一度決めたことは何が何でもやり遂げようとする。頭の回転は速いが、天然な一面もある。中身は熱いが、一見ぶっきらぼうで不器用であるため、人からは「へいくわい者」と呼ばれる役どころだ。

そして、神社八代目・当主の曇芭恋約役を、ミュージカル「刀剣乱舞」石切丸役などで知られる崎山つばさが担当し、双子の姉・曇阿国を、今月3月いっぱいでの「SUPER☆GiRLS」卒業を宣言したばかりの前島亜美が演じることが決まった。

また、脚本・演出には、舞台「もののふシリーズ」などで熱き男たちの生き様を描き人気を博す西田大輔が担当。

舞台「煉獄に笑う」は2017年8月、東京はサンシャイン劇場で、大阪は森ノ宮ピロティホールで上演。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加