浅田舞 、“女優”初挑戦! 肉体美もあらわな妖艶ビジュアル公開

最新ニュース スクープ

浅田舞/舞台「煉獄に笑う」-(C)唐々煙/マッグガーデン -(C)舞台「煉獄に笑う」製作委員会
浅田舞/舞台「煉獄に笑う」-(C)唐々煙/マッグガーデン -(C)舞台「煉獄に笑う」製作委員会 全 7 枚 拡大写真
福士蒼汰ら最旬俳優勢揃いで実写映画化される、唐々煙原作の大人気コミック「曇天に笑う」。それより時代を300年を遡り、日ノ本最大の湖・琵琶湖を舞台に大蛇を巡る物語が描かれる「煉獄に笑う」の舞台版に、フィギュアスケーターの浅田舞が出演。女優に初挑戦することが決まった。

時は天正、戦国乱世の真っ只中。300年に一度、日ノ本最大の湖・琵琶湖に甦るといわれる伝説の化物「大蛇(おろち)」。その「大蛇」には絶大な力が宿るという言い伝えがある――。時の武将たちは、それぞれに、大蛇の絶大なる力を追い求めていた。織田家家臣・羽柴秀吉の命を受け、大蛇に繋がる髑髏鬼灯の謎に挑む小姓・石田佐吉(後の石田三成)。大蛇に関わりがあるとされる曇神社八代目当主・曇芭恋と阿国を巻き込んで、織田家の対抗勢力、伊賀・百地家当主・百地丹波との一戦をむかえる…。

本作の主人公、羽柴秀吉の小姓の石田佐吉役には、いまや2.5次元舞台で欠かすことのできない人気俳優の鈴木拡樹。そして神社八代目・当主、曇芭恋役を崎山つばさ、双子の姉・曇阿国役を前島亜美がそれぞれ担当。そのほか、小野健斗、納谷健、碕理人、林田航平、釣本南、山下聖菜、村田洋二郎、平塚真介、東慶介、中村誠治、吉野圭吾、角川裕明らが名を連ねる。

この度、本作のシークレットキャストとしてフィギュアスケーターの浅田さんの出演が決定。演じるのは、傾城屋「宵」の遊女かつ情報屋の芦屋弓月。実は術を操る陰陽師で、兄とのつらい過去があり孤独な一面を持つという役柄だ。浅田さんは「初のセリフ有りの舞台で、いまからドキドキですし、ほかのキャストの皆さんにご迷惑をかけないよう、頑張ります!」と意気込み、「原作がコミックで、その中の役を演じるのも初めてのことなので、良く作品を理解し、自分なりの弓月を作り上げられればと思っています」とコメント。併せて公開された肉体美もあらわな妖艶なビジュアルからも、本作への意気込みが感じられる。

また本作は、完売続出につき追加公演が決定。東京の追加公演は、8月29日(火)13時公演、9月1日(金)13時公演の2公演。大阪の追加公演は、9月8日(金)19時公演の1公演が追加された。

東京公演は8月24日(木)~9月3日(日)サンシャイン劇場にて、大阪公演は9月8日(金)~10日(日)森ノ宮ピロティホールにて上演。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/