小沢健二、『リバーズ・エッジ』で初の映画主題歌を担当! 二階堂ふみ&吉沢亮も参加

映画 邦画ニュース

» アカデミー賞ノミネート作品を劇場で観よう! ムビチケ15,000円分プレゼントキャンペーン
『リバーズ・エッジ』(C) 2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社
『リバーズ・エッジ』(C) 2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社 全 9 枚 拡大写真
「へルタースケルター」などで知られる岡崎京子の漫画を、二階堂ふみ主演で映画化した『リバーズ・エッジ』。この度、本作の主題歌に小沢健二の新曲「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」が起用されることが分かった。

>>あらすじ&キャストはこちらから

今年2月に19年ぶりとなるシングル「流動体について」をリリースし、フジロックフェスティバルへ初出演、「SEKAI NO OWARI」とのコラボレーションなどで話題となっている小沢さんだが、今回は自身初となる映画主題歌を本作のために書き下ろし。映画化決定にあたり、かねてより原作者の岡崎氏と親交があり、その固い絆で知られる小沢さんへ映画製作サイドが依頼し、夢のタッグが実現した。

また今回の楽曲には、メインキャストである若草ハルナ役の二階堂さんと、山田一郎役の吉沢亮が参加していることが発表されている。

二階堂さんは楽曲について「まるで、問いかけるように、思い出を語らうように、寄り添うように、明日に向かう曲を聴きました。『リバーズ・エッジ』へと導く小沢さんの唄は、懐かしい新しい、現在進行形の作品だと思います」とコメント。

吉沢さんは、「映画のラストでこの曲が流れて来たとき、大切な何かが過ぎ去っていくのをただじっと見守っているような、切なさと温かさが入り混じった感覚に自然と涙が流れました」と明かし、「初めてデモを聴いたときから今日まで、毎日気が付くと頭の中で流れています」と楽曲に魅了されていると語っている。また行定勲監督も「僕たちの予想を軽々と裏切ってくる楽曲をとてもすばらしく思いました」と満足のコメントを寄せている。

なお、楽曲の歌詞全文が小沢さんのオフィシャルサイト「ひふみよ」にアップされたものの、音源の解禁・発売に関しては未発表となっている。

『リバーズ・エッジ』は2018年2月、TOHOシネマズ新宿ほか全国にて公開。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加