H・ジャックマン&C・ベイルら人気スターが政治サスペンスドラマで熱演『フロントランナー』ほか

“いまだからこそ”観ておきたい、政治とスキャンダルが絡み合った“実話”の映画化。話題の3本をピックアップ。

映画 洋画ニュース
『フロントランナー』
『フロントランナー』 全 21 枚 拡大写真
アカデミー賞に輝いた『スポットライト 世紀のスクープ』や巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督×メリル・ストリープ×トム・ハンクスの『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』、ジェシカ・チャステイン主演により映画ファンの話題をさらった『女神の見えざる手』など、政治とスキャンダルが絡み合った“実話”の映画化には近年、熱い視線が注がれている。

情報が操作されフェイクニュースが蔓延、もはや何を信じていいか分からない――。そんな現代に警鐘を鳴らすべく、“いまだからこそ”観てもらうべきと信念ほとばしる作品が2019年も続々公開を控えている。膨大で緻密なリサーチを重ねることで作り上げられたリアリティ、人気実力派俳優たちの渾身の演技は胸に迫ること間違いなし。話題の3本をピックアップした!

■『フロントランナー』裏切ったのはマスコミか、国民か、それとも彼自身か――


2月1日(金)より全国にて公開

『フロントランナー』
1988年、米国大統領選挙。コロラド州選出のゲイリー・ハート(ヒュー・ジャックマン)は46歳の若さで最有力候補=“フロントランナー”に躍り出る。知性とカリスマ性を兼ね備えた彼は、ジョン・F・ケネディの再来として大衆に愛され、当選は確実視されていた。しかし、マイアミ・ヘラルド紙の記者が掴んだ“ある疑惑”が一斉に報じられると、事態は一変。勝利を目前にして、ハートの築き上げた輝ける未来は一気に崩れ去る…。あの日、一体何が起きたのか――。

『フロントランナー』
『グレイテスト・ショーマン』の大ヒットも記憶に新しいヒューが、これまで演じたことのない複雑なキャラクターを熱演。選挙キャンペーンスタッフ、報道の信念をもったジャーナリスト、特ダネが欲しい記者、ハートの妻と娘、12人の視点で描かれるドラマは、圧倒的なスピード感と臨場感で観客を当時の現場に引きずり込む。

『フロントランナー』
監督は『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞監督賞と脚本賞にノミネートされたジェイソン・ライトマン。前作のシャーリーズ・セロン主演『タリーと私の秘密の時間』から一転、スキャンダル報道の真実に迫るサスペンスドラマを描く。

■『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』真実は、誰のためにあるのか――


3月29日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開

『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』 (C)2017 SHOCK AND AWE PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
2002年、ブッシュ米大統領は、イラクが核兵器をはじめとする大量破壊兵器を開発及び保持していると非難。アメリカ国内でも愛国心が強まり、イラクへの侵攻が始まろうとしていた。地方新聞社を傘下に持つナイト・リッダー社ワシントン支局で働く記者ジョナサン・ランデーとウォーレン・ストロベルは、政府の発する情報に疑問を持ち、証拠を探り真実を暴こうと取材を続けていく。

『スリー・ビルボード』でアカデミー賞にノミネートされたウディ・ハレルソン、『X-MEN』「ウエストワールド」のジェームズ・マースデンほか、トミー・リー・ジョーンズ、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ジェシカ・ビールら人気実力派キャストの共演が実現。

『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』 (C)2017 SHOCK AND AWE PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
『スタンド・バイ・ミー』をはじめとする数々の名作を世に送りだしてきたロブ・ライナーが監督を務め、自身もナイト・リッダー社ワシントン支局長として出演。「イラク戦争開戦時から構想していた」というライナー監督渾身の1作となっている。

■『バイス』アメリカ史上最強で最凶な副大統領の裏側を描く仰天の実話!


4月5日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開

『バイス』 (C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.
クリスチャン・ベイル主演×アダム・マッケイ監督×ブラッド・ピット製作の『マネー・ショート 華麗なる大逆転』チームが再集結。体重を約20キロ激増したベイルは、ディック・チェイニーの20代から70代までを見事ななりきりぶりで熱演する。

本人比較画像『バイス』 (C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.
チェイニーの妻リン役には『メッセージ』『アメリカン・ハッスル』のエイミー・アダムス、ラムズフェルド国防長官役に『フォックスキャッチャー』『マネー・ショート 華麗なる大逆転』のスティーブ・カレル、ブッシュ大統領役に『スリー・ビルボード』のサム・ロックウェルとアカデミー賞常連の実力派キャストが共演。

『バイス』 (C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.
ワイオミングの田舎の電気工から“事実上の大統領”に上り詰め、アメリカを自在に支配し、米史上最も権力を持ったチェイニー副大統領。その前代未聞の裏側を描いた社会派エンターテインメントは、本年度アカデミー賞で作品賞など8部門にノミネートされている。

『バイス』 (C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加