実写版『ライオン・キング』公開日・声優・あらすじ【6月6日更新】

実写『ライオン・キング』のあらすじやキャスト情報を随時ご紹介!

映画 洋画ニュース
『ライオン・キング』(C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
『ライオン・キング』(C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. 全 17 枚 拡大写真
ディズニー実写映画が怒涛の公開ラッシュを迎える2019年。『ダンボ』や『アラジン』に続く次なる実写化作品は、モフモフな主人公が話題の『ライオン・キング』(原題:The Lion King)! この夏の厳しい暑さも忘れてしまう(!?)私たちに癒やしと感動をくれること間違いなしの本作のあらすじやキャスト情報を随時ご紹介!

【6月6日更新】ストーリーに迫る映像
【6月6日更新】声のキャストは?
【6月6日更新】監督は?
【6月6日更新】公開日は?
【6月6日更新】『ライオン・キング』概要



●アニメーション映画『ライオン・キング』が実写化!


『ライオン・キング』(C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
雄大なアフリカの大地を舞台に描かれる1匹の子ライオンの成長物語を描いた「ライオン・キング」。

1994年に製作されたアニメーション映画は、ディズニー・アニメーション史上No.1の全世界観客動員数を記録、全世界興行収入では『アナと雪の女王』と『トイ・ストーリー3』についで、史上3番目を誇る。また、ミュージカル作品としてもあまりにも有名。

さらに、サウンドトラックの全世界売上はアニメーション史上No.1、第67回アカデミー賞では歌曲賞&作曲賞をW受賞、第52回ゴールデン・グローブ賞で3部門を受賞。さらに演劇や映画、コンサートなどを含めた興行作品として史上最高の累計62億ドル(約6700億円)をたたき出し、ミュージカル版「ライオン・キング」は史上No.1の全世界興行収入、劇団四季の「ライオンキング」は日本の演劇史上No.1の観客動員数を記録している。

アニメーションからミュージカルまで、まさに“キング・オブ・エンターテインメント”として親しまれている物語が、今回は実写もアニメーションも超えた新たな映像体験=“超実写版”として現代に蘇る!

あらすじ


『ライオン・キング』(C)APOLLO
命あふれるサバンナの王国プライドランド。その王であるライオン<ムファサ>に、息子<シンバ>が誕生する。だが、シンバはある“悲劇”によって父ムファサを失い、王国を追放されてしまう。

新たな世界で彼は仲間と出会い、“自分が生まれてきた意味、使命とは何か”を知っていく。王となる自らの運命に立ち向かうために――。


●公開日は?


2019年8月9日(金)より全国にて公開
※全米公開は7月19日

『ライオン・キング』(C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.


●監督は?


2016年に『ジャングル・ブック』を大成功させたジョン・ファヴロー監督。『アイアンマン』シリーズでも知られる。

ジョン・ファヴロー監督-(C)Getty Images


●登場キャラクターと声のキャスト


シンバ/ドナルド・グローヴァー


『ライオン・キング』(C)APOLLO
本作の主人公で王の後継者。声を担当するのは、俳優、脚本家、歌手、作曲家など多彩な才能を持ち、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』にも出演したドナルド・グローヴァー。

ドナルド・グローヴァー-(C)Getty Images

ナラ/ビヨンセ


シンバの幼なじみでメスライオン。声を担当するのは、世界の歌姫ビヨンセ。

ビヨンセ-(C)Getty Images

ムファサ/ジェームズ・アール・ジョーンズ


シンバの父。声をあてるジェームズ・アール・ジョーンズは、アニメーション版でも同役を務めた。

ジェームズ・アール・ジョーンズ-(C)Getty Images

スカー/キウェテル・イジョフォー


『ライオン・キング』(C)APOLLO
王ムファサの弟で悪役。シンバの叔父にあたる。声を担当するのは、『キンキーブーツ』『それでも夜は明ける』のキウェテル・イジョフォー。

キウェテル・イジョフォー

ラフィキ/ジョン・カニ


王国の呪術師。声を担当するのは、『ブラックパンサー』で前国王を演じたジョン・カニ。

プンバァ/セス・ローゲン


イボイノシシ。声を担当するのは、『グリーン・ホーネット』『ソーセージ・パーティー』などを手掛けるハリウッドの問題児セス・ローゲン。

セス・ローゲン-(C)Getty Images

ティモン/ビリー・アイヒナー


ミーアキャット。声を担当するのはビリー・アイヒナー。

ビリー・アイヒナー-(C)Getty Images

ザズー/ジョン・オリバー


王の執事。声を担当するのは、『スマーフ』のジョン・オリバー。

ジョン・オリバー-(C)Getty Images

サラビ/アルフレ・ウッダード


シンバの母。声を担当するのは、「Marvel ルーク・ケイジ」のアルフレ・ウッダード。

アルフレ・ウッダード-(C)Getty Images

●日本語版吹き替えキャスト


coming soon…

●音楽に注目!


アニメーション版でアカデミー賞作曲賞を受賞したハンス・ジマーが再び音楽を担当。オリジナル・ソングはエルトン・ジョン、ティム・ライス。

本作を象徴する「サークル・オブ・ライフ」は、今作ではファヴロー監督による新たなメッセージも。“生と死を繰り返して世代を受け継ぐ”という意味だけではなく、世界は皆で分かち合うのものであり、一人ひとりが独立した人間でありながらも互いにつながっている。その中で一人ひとりが果たすべき役割や生きる意味など、人生を生きる上での“大切なメッセージ”が込められているという。


●公開が待ち遠しい! ストーリーに迫る映像集


【特報】モフモフなシンバが誕生!




【US予告】ナラ&ザズーお馴染みキャラも!




【日本版予告】日本だけの最新映像も!


《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加