ヒーロー映画全盛期に誕生したR-18指定のアンチヒーロードラマ、「ザ・ボーイズ」が世界を変える

Amazon Originalドラマとしては配信開始2週間で史上最高の視聴数を記録と公式発表された「ザ・ボーイズ」が、これまでのヒーロー作品とは一線を画したアプローチでヒーロー像を描き新たな人気を生んでいる。

海外ドラマ コラム
Amazon Prime Video「ザ・ボーイズ」
Amazon Prime Video「ザ・ボーイズ」 全 7 枚 拡大写真
世界的人気を誇るマーベルのヒーロー映画『アベンジャーズ』が『アベンジャーズ:エンドゲーム』で映画史に残る大ヒットを遂げ最終章を迎えた2019年。アメコミファンの心を休ませることなく、全く違った視点でファンを夢中にさせているコミック原作のドラマがある。Amazon Prime Videoで7月26日から配信開始したR18指定のアンチヒーロードラマ「ザ・ボーイズ」だ。Amazon Originalドラマとしては配信開始2週間で史上最高の視聴数を記録と公式発表もされた今作は、これまでのヒーロー作品とは一線を画したアプローチでヒーロー像を描く。

憧れたヒーローが実は…


Amazon Prime Video「ザ・ボーイズ」
特殊能力を持ったヒーローが悪者から救ってくれることが一般化した世の中が舞台の「ザ・ボーイズ」。「セブン」と呼ばれる(どこかで見たような)7人の最強ヒーローを集めたドリームチームが存在し、日夜彼らは人々の生活の安全に寄与している。一見、これまで私たち視聴者が見てきた多くのヒーローもの作品にあるような展開に思えるが、それは1話目開始5分間までの話だ。ヒーローが大好きなオタク青年ヒューイの彼女がある日突然“交通事故的に”、ずっと憧れていたヒーローAトレインにひき殺されてしまう衝撃的な展開をいきなり迎える。

Amazon Prime Video「ザ・ボーイズ」
テレビの会見を通して謝罪はあるものの事実と異なるAトレインの供述。ヒューイに対する直接の謝罪もない。そこで登場するのが、Aトレインの裏で糸を引いているヴォート社というヒーローのエージェント企業だ。特殊能力を持った人々をオーディションし、エージェントとして契約。ただの特殊能力を持った人ではなく、人気ヒーローとして社会的地位を得るよう戦略的にプロデュースするのが彼らの役目だ。かつて憧れていたとはいえ、理想のヒーロー像と現実のギャップに打ちのめされるヒューイ…と私たち視聴者。そう、ここまでの設定はまだ第1話の序盤であるが、『アベンジャーズ』などに心躍らせたヒーロー映画ファンにとっては気が気でないストーリーの幕開けである。

女性スタッフの声が新たなヒーロー作品を生み出す


現在シーズン2の撮影真っただ中の「ザ・ボーイズ」、原作は同じくAmazon Prime Videoで配信中のドラマ化「プリーチャー」で知られるガース・エニス。今回、彼の作品の大ファンであるエリック・クリプキ(「スーパーナチュラル」など)がクリエーターを務めている。登場するほぼすべてのキャラクターがこれまでヒーロー映画で描かれてきた側面をシニカルに描く役割を果たしているが、特筆すべきは女性キャラクターたちの「#Metoo」運動の時代に即した設定である。

Amazon Prime Video「ザ・ボーイズ」
公式の予告で、日系アメリカ人俳優・福原かれん(『スーサイド・スクワッド』)演じるキャラクターには「The Female」=女性と表示されている。劇中で名前は出てくるが、ヒーロー作品で男性ヒーローのお飾りとしてだけ登場する女性像を揶揄した表現にも思える。

このほかにも、エリザベス・シュー(『ベスト・キッド』、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』など)演じるヴォート社の副社長マデリンは、いわゆる典型的な仕事と母親業を両立させるスーパーバリキャリウーマンであり、ある意味一番現実的な憧れの人物像である。が、しかし、雑誌の表紙を飾りそうな成功した女性であるマデリンにも当然ながらかなり黒い裏がある。

極めつけには、特殊能力を持ち、社会から愛されているはずのセブンのメンバーであるクイーン・メイヴ(演:ドミニク・マケリゴット)とスターライト(演:エリン・モリアーティ)でさえ、男社会であるヒーロー界で生きていくには定めだと言わんばかりの、華やかな表舞台とは裏腹に見るに堪えない性差別やハラスメントに晒されている。

Amazon Prime Video「ザ・ボーイズ」
これらはすべて、決して笑えない問題だからこそ、キャストを含めた製作に関わる女性スタッフ達と、この話題をヒーロー作品に組み込むべきか、組み込むならどうするべきか、幾度となく話し合いを重ね、彼女たちの経験談や意見取り入れながら描き上げた結果だとエリックは「The Hollywood Reporter」のインタビューで語っている。単純に女性のヒーローをかっこよく描くのではなく、いまを生きる女性たちの、自己投影としてのキャラクターが「ザ・ボーイズ」には登場するのだ。

ヒーローに壮大な喧嘩を売る“一般人”


Amazon Prime Video「ザ・ボーイズ」
無実の人を殺したのにも関わらず、ビジネス上の判断から十分な謝罪のないまま蔑ろにするような行動をとるヴォート社とヒーローたち。そんな彼らに怒りと憤りを抑えられないヒューイの姿を見せつけられる私たち視聴者は、新たなヒーローの出現を願って止まない。ただ、ここでも期待を裏切られる。ヒューイのもとに登場するのは特殊能力を持った新たなヒーローではなく、カール・アーバン演じる見るからに怪しい、やたらとスパイスガールズに詳しい謎のイギリス訛りの男ビリー・ブッチャーだ。

彼によれば年間に数百人単位で一般人がヒーロー活動の二次的被害に遭い殺されているというのだ。そう、被害者はヒューイの彼女だけではなかったのだ。新たなヒーローを期待したのに、裏切られるどころか新たな事実を突きつけられる。しかも、過去に観たヒーロー映画から、二次的被害で亡くなった人たちを容易に想像できてしまうのが余計につらい。

Amazon Prime Video「ザ・ボーイズ」
数々のインタビューで“ヒーロー作品だから難しいトピックを語ってはいけないということではない”と語るクリエーターのエリック。『アベンジャーズ』だけでなく、これまでの多くのヒーロー映画では、ヒーローが善であり、悪に立ち向かう救世主であり、一般人はただ逃げ惑うか、敵の雑魚キャラとして描かれてきた。「ザ・ボーイズ」では、決して裕福ではない、ブルーカラー層の、善人と呼べない行為をしている一般人がアンチヒーローとして、ヒーローに殺された人たちのために立ち向かうのである。

ヒューイはブッチャーに加担し愛する彼女の復讐を果たすのか、そもそも一般人がヒーローに勝てるのか、そしてヒーローへの疑念持ってしまった私たちヒーローファンの視聴者は一体どうすればいいのか…。数か月前『アベンジャーズ』で心を躍らせていた視聴者の気持ちを、これでもかと掻き乱しながら怒涛の展開を見せる全8話は一気見必至だ。

《キャサリン/Catherine》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加