行方不明の“規士”岡田健史…家族写真が切ない『望み』森山直太朗の主題歌特別映像

映画『望み』から、森山直太朗が書き下ろした本作の主題歌「落日」のShortVer.を使用し、堤幸彦監督が監修した特別映像が解禁

映画 邦画ニュース
『望み』 (C)2020「望み」製作委員会
『望み』 (C)2020「望み」製作委員会 全 10 枚
拡大写真
日本を代表する名優・堤真一と、家族キャストに石田ゆり子、岡田健史、清原果耶が集結した映画『望み』。この度、森山直太朗が書き下ろした本作の主題歌「落日」のShortVer.を使用し、堤幸彦監督監修の特別映像が解禁になった。

>>『望み』あらすじ&キャストはこちらから

堤監督が制作を手掛け、自ら監修した映像では、あたたかい光の中で幸せそうな石川家の様子が一変、規士(岡田健史)の不穏な雰囲気を漂わせる姿と切り出しナイフの映像が映される。そのまま行方が分からなくなる規士と残された家族たち。

『望み』 (C)2020「望み」製作委員会
息子は殺人犯なのか、それとも被害者なのか、世間からの誹謗中傷や飛び交う憶測に感情を揺さぶられながらも一登(堤真一)、貴代美(石田ゆり子)、雅(清原果耶)、家族それぞれの“望み”が交差する様子が主題歌と共に描かれる。


森山さんの透明感ある歌声と合わせて、岡田さん演じる規士の幼少期の頃の写真や、家族旅行での記念写真など石川家のあたたかい思い出が切り取られるさまや、登場人物が葛藤を繰り広げる様子が胸を打つ本映像。

『望み』 (C)2020「望み」製作委員会
さらに、この特別映像では、舞台となる石川家をドローンで撮影したカットや、予告編では見ることのなかった今回初めて登場する本編カットもふんだんに盛り込まれ、より映画の世界観も堪能できる仕上がりとなっている。「なんの変哲も無い景色や家族の心の機微を歌に閉じ込めた」と楽曲への思いを語る楽曲の歌詞の世界観と映画の世界が見事にリンク、堤監督は「一言では語れないストーリーの余韻を完璧に表現し、映像化できない映像を視ることができると思います」とコメントを寄せている。

『望み』「落日」メイキング (C)2020「望み」製作委員会
『望み』は10月9日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加