ヘンリー・カヴィルはミリーの大ファン!『エノーラ・ホームズの事件簿』続編に意欲も

Netflix映画『エノーラ・ホームズの事件簿』でシャーロック・ホームズを演じたヘンリー・カヴィルが、出演を決めたのはミリー・ボビー・ブラウンと共演できるから、と明かした。

映画 洋画ニュース
Netflix映画『エノーラ・ホームズの事件簿』独占配信中
Netflix映画『エノーラ・ホームズの事件簿』独占配信中 全 8 枚
拡大写真
Netflixにて配信中の映画『エノーラ・ホームズの事件簿』は、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」でイレブン役を演じ、世界的人気を獲得したミリー・ボビー・ブラウンが主演、製作。配信開始とともに「今日の映画 TOP10」入りし、SNSでも話題を集める中、“世界で最も有名な名探偵”シャーロック・ホームズを演じたヘンリー・カヴィルが、本作が映画初主演となるミリーのファンであったことが判明。出演を決めたのも、ミリーの存在が理由だったと本人が明かした。

>>『エノーラ・ホームズの事件簿』あらすじ&キャストはこちらから

『マン・オブ・スティール』『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』、そして『ジャスティス・リーグ』でスーパーマン役を演じ、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ではトム・クルーズと共演、世界的人気を誇るNetflixオリジナルシリーズ「ウィッチャー」にも出演するヘンリー・カヴィル。

Netflix映画『エノーラ・ホームズの事件簿』9月23日(水)より独占配信開始
経験と人気を兼ね備えた彼が、本作ではミリー演じる頭脳明晰で自由奔放な主人公、“駆け出し探偵エノーラ”の兄として、これまでも数多くの俳優が演じてきた天才名探偵シャーロックの新しい姿を演じ、ミリーをサポートしている。

本作へ助演としての参加を決めた理由について、「私はミリーのファンだ。これまでの作品も観てきて、素晴らしい女優だと思う。そんな彼女の助演を務めることができるのだから、考えるまでもなく出演を決めたよ。簡単な決断だった」とヘンリー。

そんな“ミリーファン”の彼が実際に初対面を果たした際は、「最初に会ったときは、ハグをして共演できることを喜んだよ。互いにこれまでの作品を褒め合ったりもしたんだ」と、ヘンリーもいちファンとして大喜びしながら、お互いを称え合ったことを打ち明けた。

Netflix映画『エノーラ・ホームズの事件簿』独占配信中
そして、実際に撮影を共にした後には、「彼女は現場でもとてもカリスマ的で、そんな彼女をサポートすることができる役はとても楽しかった。彼女はこれからもどんどんビッグになっていくと思う。その道のりの途中で共演できたことはとても光栄だね」と語り、これ以上ないほどの賛辞を贈っている。

加えて、「続編があったらとても嬉しいね、機会があったら飛びつくよ。続編の話が出たら、ミリーとともにどんな話を作っていくかを話すのが楽しみだ」と、続編への強い意欲も語っている。人気と実力を兼ね備えたヘンリーが演じる新たなシャーロック・ホームズと、ヘンリーが全面支持するミリーが全身全霊で表現したエノーラ・ホームズの活躍は見逃せない。

Netflix映画『エノーラ・ホームズの事件簿』独占配信中
Netflix映画『エノーラ・ホームズの事件簿』は独占配信中。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加