「マンダロリアン」S2、吹替えに阪口周平ら続投「またザ・チャイルドとの冒険を楽しみながら」

実写ドラマ「マンダロリアン」シーズン2が10月30日(金)から「Disney+」にて配信スタート。この度この配信に先駆けて、メインキャストを吹き替える阪口周平、鷄冠井美智子、二又一成の3名からコメントが到着した。

最新ニュース スクープ
「マンダロリアン」シーズン2(C)2020 Lucasfilm Ltd.
「マンダロリアン」シーズン2(C)2020 Lucasfilm Ltd. 全 3 枚
拡大写真
実写ドラマ「マンダロリアン」シーズン2が10月30日(金)から「Disney+」にて配信スタート。この度この配信に先駆けて、メインキャストを吹き替える阪口周平、鷄冠井美智子、二又一成の3名からコメントが到着した。

本作は、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』に登場した人気キャラクターのボバ・フェットに続く新たな賞金稼ぎ“マンダロリアン”を主人公に、フォースの力を秘めた子ども“ザ・チャイルド”との危険な冒険を描く「スター・ウォーズ」初の実写ドラマシリーズ。

一匹狼の賞金稼ぎマンダロリアン(ペドロ・パスカル)役を担当している阪口さんは「素直に嬉しいです。またザ・チャイルドとの冒険を楽しみながら収録に臨みたいです」と続投への喜びを示し、「シーズン1から一歩進んだマンドーとザ・チャイルドの関係だったり、これまでとは違ったドラマ作りのアプローチの仕方だったりと、楽しめる要素満載です。僕自身も配信が待ち遠しいです」と配信に期待を寄せた。

また、元反乱軍のショック・トルーパーであり、シーズン1では百戦錬磨の傭兵として時にマンドロリアンと共闘したキャラ・デューン(ジーナ・カラーノ)の声を担当している鷄冠井さんは「どこか懐かしさを感じるマンダロリアンの世界に、また行けることが嬉しかったです。キャラとしてはシーズン1で一区切りついていたので、これからの展開がどうなるのか楽しみです」と話し、「マンドーとザ・チャイルドの子連れ旅、シーズン2!心行くまでお楽しみ下さいませ!」と呼びかけた。

そして帝国軍の残党の指揮を執り、シーズン1では圧倒的な勢力でマンダロリアンたちを苦しめたモフ・ギデオン(ジャンカルロ・エスポジート)役の二又さんは「シーズン1、そしてかつての『スター・ウォーズ』にも兵隊の声優を務めさせて頂いたので、やはり嬉しいですね」と続投を喜び、「モフ・ギデオンはまだ謎に包まれていますが、冷徹な頑張り屋さんというところでしょうか。僕も頑張って演じたいと思います」とキャラクターについて話している。

「マンダロリアン」シーズン2は10月30日(金)よりDisney+にて日米独占配信。

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加