エマ・ストーン『クルエラ』初公開シーン満載の新映像!パンクなヴィランの誕生秘話が明かされる

エマ・ストーン主演の実写映画『クルエラ』から、パンクムーブメント吹き荒れる70年代のロンドンから始まる、初公開シーン満載の最新映像が解禁。

映画 洋画ニュース
『クルエラ』(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
『クルエラ』(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. 全 5 枚
拡大写真
エマ・ストーンを主演に迎え、名作アニメーション『101匹わんちゃん』のヴィランの誕生秘話を実写映画化した『クルエラ』。この度、パンクムーブメント吹き荒れる70年代のロンドンから始まる、初公開シーン満載の最新映像が解禁となった。

>>『クルエラ』あらすじ&キャストはこちらから

先日特報とティザーポスターが解禁されると、「クルエラ様…素敵過ぎる…!」「スタイリッシュ!」と瞬く間に独特な世界観に魅了される人が続出。また映画『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞&ゴールデン・グローブ賞の主演女優賞に輝き、本作でヴィラン、クルエラを演じるエマには「エマだと分からなかった」とコメントが多く上がり、多彩な演技力を放つ彼女に絶賛の声が相次いでいる。

『クルエラ』(C) 2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
最新映像では、70年代のロンドンに、デザイナーを目指す1人の少女・エステラの姿が。「アートを作りたい」と野望に燃えながら、1秒たりとも無駄にはできない彼女は裁縫やデザイン画の制作に必死に励み、デザイナーへの階段を駆け上がろうと切磋琢磨しながら働き続けている。その姿は“ヴィラン”とはほど遠い、夢と希望に溢れる若者だ。

私たちと何ら変わりない日々を送る彼女は、このままデザイナーへの道を歩んでいくと思われたが、カリスマ的なファッションデザイナーのバロネスとの出会いがエステラの運命を大きく変えていく――。

そして彼女はまるで同一人物とは思えない、狂気に満ち溢れた“クルエラ”の姿へ。夢と希望にときめく少女は、なぜディズニー史上最も悪名高きヴィランへと変わり果てたのか? エステラがクルエラへと変貌する狭間に生まれるドラマには期待が高まる!


エマ演じるエステラの運命を大きく変えるカリスマ的なファッションデザイナーのバロネスを実写版『美女と野獣』のエマ・トンプソンが演じ、さらに「キングスマン」シリーズのマーク・ストロング、『リチャード・ジュエル』ポール・ウォルター・ハウザー、『イエスタデイ』ジョエル・フライなど実力派俳優陣が脇を固め、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』のクレイグ・ギレスピーが監督を務める。

『クルエラ』(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
『クルエラ』は5月28日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/