池田エライザ&内田英治、SSFF & ASIA初展開のスマホ部門で審査員に

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2021」(SSFF & ASIA 2021)で今年初展開となる「スマートフォン映画作品部門 supported by Sony」の審査員が決定した。

最新ニュース スクープ
池田エライザ
池田エライザ 全 25 枚
拡大写真
「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2021」(SSFF & ASIA 2021)の今年初展開となる「スマートフォン映画作品部門 supported by Sony」の審査員を、女優・池田エライザ、映画監督・内田英治、サンダンス映画祭ショートフィルム部門シニアプログラマーのマイク・プラントが務めることが決定した。

同部門は、クリエイターの表現の幅とチャレンジの機会をさらに広げ、スマートフォンならではの新しい映像クリエイティブの創出を目的としサポート。「SSFF & ASIA」の新設部門として、史上最多となる900点以上もの新しい映像表現の作品が、世界中から寄せられた。

映画祭では、その中から7か国・11作品がオンライン会場から配信。

『どうぞお先に (After You)』『どうぞお先に』
ノミネート作品には、就職面接に来た女性を描くフランスのコメディ『どうぞお先に』、ホームレス生活を記録したイギリスのドキュメンタリー『私の家』、印画紙を使って写真を現像する昔ながらの撮影技術を記録したインドのドキュメンタリー『ボックスカメラ』などがラインアップされている。

『ボックスカメラ (The Story of a Box Camera)』『ボックスカメラ』
本部門スタートを記念し、6月12日(土)には審査員の内田監督、「いきものがかり」の水野良樹、映画祭代表の別所哲也によるオープニングトークイベント「Creators’ Junction 2021」をLIVE配信することも決定。

内田監督と水野さんは、同グループの楽曲「きらきらにひかる」をテーマに、一般公募された小説を基に内田監督がスマホで全編撮影して作り上げたショートフィルム『星屑の子』が話題に。ジャンルの垣根を超えた創作活動から見える、新しい映像文化やクリエイティブの潮流について、それぞれの視点から語られる。

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2021」は6月11日(金)~21日(月)オンライン会場および都内複数会場にて開催。※オンライン会場は4月27日(火)~6月30日(水)

オープニングトークイベント「Creators’ Junction 2021」は6月12日(土)18時30分~配信。

《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/