女性たちへの敬意が原点、ジェシカ・チャステインが作品への思いを告白『355』キャスト&監督コメントも

ジェシカ・チャステイン、ペネロペ・クルス、ルピタ・ニョンゴ、ダイアン・クルーガー、ファン・ビンビンなど実力者が集結し、世界を救うミッションに挑む、スパイ・アクション大作『355』より、キャストと監督のコメントが解禁された。

映画 洋画ニュース
『355』(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. (C)355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.
『355』(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. (C)355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved. 全 6 枚
拡大写真

ジェシカ・チャステイン、ペネロペ・クルス、ルピタ・ニョンゴ、ダイアン・クルーガー、ファン・ビンビンなど実力者が集結し、世界を救うミッションに挑む、スパイ・アクション大作『355』より、キャストと監督のコメントが解禁された。


>>『355』あらすじ&キャストはこちら

本作の始まりは、2017年のカンヌ国際映画祭。そこでジェシカ・チャステインは、近日公開のアクション映画のポスターが男性ばかりなのを目にし、「世界には尊敬に値する女優がたくさんいるのに、たったひとつの映画にさえ集めることを誰も考えないのか」という疑問に駆られる。そのビジョンを実現するために動き出したジェシカは、理想のパートナーを探し、サイモン・キンバーグに注目。

キンバーグはそのアイディアを聞いてすぐ、ジェシカと共に映画をプロデュースし監督も務めることを承諾した。プロデューサーを兼任したジェシカについて、キンバーグは「ジェシカはこの映画の原動力であり、私のクリエイティブパートナーです。最初から最後まで、彼女は女優としてもクリエイターとしても素晴らしいアイデアをもっていたし、彼女の演じる主役のメイスに負けず劣らず情熱がある。メイスのように、ジェシカには境界線というものがない。強くて情熱的で、集中力があって確固たる意志がある」とコメントしている。

また、ジェシカは18世紀アメリカの独立戦争時代に実在した女性スパイのコードネームに由来する『355』というタイトルについて「タイトルはとても重要です。どの分野にも、舞台裏で人知れず根気強く働いてきた女性がいるのですから。歴史の本をみても、彼女たちが成し遂げたことが書かれていることは稀です。『355』というタイトルの映画は、認識されていない女性たちに対する敬意なのです。彼女たちのパワー、強さ、達成したことを詳しく説明し、“ありがとう”と伝えているのです」とコメント。女性の権利を守ろうと積極的に活動しているジェシカが込めた“女性に対する尊敬の念”が伝わってくる。

またそんなジェシカに対し、本作で共演したダイアン・クルーガーは「ジェシカはあの世代で一番の女優です。どんな役にも思いやりを忘れないし、ジェシカ演じるメイスの役も同じです」と評し、自らも同世代の女優として、彼女への敬意を語っている。

人気実力派女優に登りつめてもなお、ストイックでクリエイティブなジェシカ・チャステイン。全ての女性への尊敬の心を持ち、行動力のある彼女がいたからこそ生まれた『355』は、女性アクション映画に新たな風を吹き込むに違いない。

『355』は2月4日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]