未円盤化のテリー・ギリアム監督の名作『ジャバーウォッキー 4K レストア版』7月公開決定

鬼才テリー・ギリアムの単独初長編監督作『ジャバーウォッキー』の4Kレストア版が7月1日(金)より公開されることが決定した。

映画 洋画ニュース
『ジャバーウォッキー』(C)1977 National Film Trustee Company Limited. All Rights Reserved.
『ジャバーウォッキー』(C)1977 National Film Trustee Company Limited. All Rights Reserved. 全 2 枚
拡大写真

鬼才テリー・ギリアムの単独初長編監督作『ジャバーウォッキー』の4Kレストア版が7月1日(金)より公開されることが決定した。

本作は、イギリス最強のコメディ集団〈モンティ・パイソン〉に唯一のアメリカ人アニメーターとして参加、映画『未来世紀ブラジル』(85)や『バロン』(88)、『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』(18)などで知られるテリー・ギリアムが、1977年に手掛けた単独初長編監督デビュー作。ルイス・キャロルのナンセンス詩を基に、パイソンズ・メンバーで唯一の良心とも言えるマイケル・ペイリンが主演を務めた、中世ファンタジック冒険コメディだ。とある王国を舞台に凶暴な怪獣退治に巻き込まれた青年の活躍をブラックユーモア満載で描く。

日本では1980年に劇場公開後、ビデオ発売されたのみでDVD化されておらず、ファンの間では鑑賞が難しい“隠れた名作”として公開を希望する声が上がっていた作品でもある。元の素材は長年放置され劣化も進んでしまっていたが、この度、本作の大ファンであるマーティン・スコセッシとジョージ・ルーカスの出資により4Kレストアが実施された。テリー・ギリアム監督もスーパーバイザーとしてレストアを承認している。

本作に対するテリー・ギリアムからのコメントは以下の通り。

<テリー・ギリアムからのコメント>
『ジャバーウォッキー』は、わたしにとって初めて“自分の作品”と呼べるものでした。
テリー・ジョーンズと共同監督した『モンティ・パイソン&ザ・ホーリー・グレイル』(75)の成功が、わたしにモンティ・パイソンから自由になる機会を与えてくれたのです。
ルイス・キャロルの詩「Jabberwocky」にあるナンセンスな言葉の数々がわたしの頭の中に奇妙で素晴らしいイメージを 呼び起こし、それを映画にしたいと思いました。
そして、中世を説得力のある世界として作ることは、わたしにとって不可欠でした。観客に、老朽化した世界の匂いを感じてもらいたかったのです。貧しく貪欲 な商人、強大な鎧をまとった騎士、混乱した王や、王国を脅かす恐ろしい怪獣がいて、傾いた古代の建造物があり、狂った宗教家もいる。世界の信憑性が高 ければ高いほど、コメディとしての完成度も高くなると思っています。
ですが、この映画は単なるコメディとしてだけではなく、アクションやロマンスがあるものにしたいと思っていました。とは言え、ハッピーエンドのおとぎ話のように見えつつ、アイロニー(皮肉)はたっぷり込めています。
わたしの頭の中にしか存在しない世界を説得力のある形で表現する技術と能力を持ち、その結果として世界中の観客に喜びを与えることができる、自分は本物の映画監督だと信じ始めたのは、『ジャバーウォッキー』を振り返ったときだったと思います。
わたしが皆さんのために楽しんで作ったように、ご覧になる皆さんがこの作品を楽しんでくださることを願っています。

鬼才監督のイマジネーションの原点が凝縮された名作を、劇場で体感できる絶好の機会となりそうだ。

『ジャバーウォッキー 4K レストア版』は7月1日(金)よりシネマート新宿ほか全国にて順次公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]