『僕等がいた・後篇』作品情報

2012年4月21日 公開の映画作品
僕等がいた・後篇

あらすじ

北海道・釧路、春。高校2年生になった高橋七美(吉高由里子)は、クラスの3分の2の女子が好きになるという、矢野元晴(生田斗真)と同じクラスになる。はじめは意地悪でむかつくやつとしか思えなかったが、矢野の時折見せるに優しさに惹かれていく七美。天真爛漫に見えた矢野が、裏切られた元恋人との死別という過去を引きずっていることを知った七美は、しだいに矢野への気持ちを抑えきれなくなっていく…。高校から大学、そして社会へと激動する10年以上の時の流れの中、釧路、札幌、東京を舞台にくり広げられる純愛ストーリー。第50回小学館漫画賞(少女向け部門)を受賞し、累計発行部数は1,000万部を突破する超ベストセラー・コミックスを実写映画化。

cocoレビューを見る

予告動画・特別映像

スタッフ

監督

三木孝浩

キャスト

作品データ

  • 2012年4月21日より全国東宝系にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2012「僕等がいた」製作委員会 &© 2002小畑友紀/小学館
ジャンル
感情タグ