『ビリーブ 未来への大逆転』作品情報 実話/ 伝記

2019年3月22日 公開の映画作品
ビリーブ 未来への大逆転

あらすじ

貧しいユダヤ人家庭に生まれたルース・ギンズバーグは、「すべてに疑問を持て」という亡き母の言葉を胸に努力を重ね、名門ハーバード法科大学院に入学する。1956年当時、500人の生徒のうち女性は9人で、女子トイレすらなかった。家事も育児も分担する夫のマーティの協力のもと首席で卒業するが、女だからというだけで雇ってくれる法律事務所はなかった。やむなく大学教授になったルースは、70年代になってさらに男女平等の講義に力を入れる。それでも弁護士の夢を捨てられないルースに、マーティがある訴訟の記録を見せる。ルースはその訴訟が、歴史を変える裁判になることを信じ、自ら弁護を買って出るのだが──。

cocoレビューを見る

予告動画・特別映像

スタッフ

監督

ミミ・レダー

キャスト

  • フェリシティ・ジョーンズルース・ギンズバーグ
  • アーミー・ハマーマーティ
  • キャシー・ベイツ

作品データ

  • 2019年3月22日よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開
  • 原題ON THE BASIS OF SEX
  • 製作年2018
  • 製作国アメリカ
  • 上映時間120分
  • 映倫区分
  • 配給会社ギャガ
  • クレジット© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ