『ドリーミング村上春樹』作品情報 ドキュメンタリー

2019年10月19日 公開の映画作品
ドリーミング村上春樹

あらすじ

村上春樹の翻訳家のメッテ・ホルムは1995年、『ノルウェイの森』と出会って以来、20年以上村上春樹の作品をデンマーク語に翻訳してきた。村上春樹の作品はこれまで世界50⾔語以上に翻訳されてきたが、そのほとんどが英語からの翻訳となり、メッテのように⽇本語から直接翻訳することは珍しかった。映画は2016年、村上春樹がアンデルセン⽂学賞を受賞し、デンマークを訪れ王⽴図書館でメッテと対談する瞬間と、同時期にメッテが村上春樹のデビュー⼩説『⾵の歌を聴け』を翻訳する貴重な姿を捉える̶̶。

cocoレビューを見る

予告動画・特別映像

スタッフ

監督 ・脚本

ニテーシュ・アンジャーン

キャスト

  • メッテ・ホルム

作品データ

  • 2019年10月19日より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて公開
  • 原題DREAMING MURAKAMI
  • 製作年2017
  • 製作国デンマーク
  • 上映時間60分
  • 映倫区分
  • 配給会社サニーフィルム
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ