松田翔太&高良健吾の真剣ムードに、安藤サクラ「お通夜みたい(笑)」

『ゲルマニウムの夜』の大森立嗣監督がオリジナル脚本で完成させた青春映画『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』が、11月24日(火)、都内にて開催中の第10回東京フィルメックスの特別招待作品として上映された。上映後には、大森監督を始め、主演を務めた松田翔太に高良健吾、安藤サクラという、いま旬の3人が登壇し、観客からの質問に答えた。

最新ニュース レポート
『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』(左から)松田翔太、高良健吾、安藤サクラ
『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』(左から)松田翔太、高良健吾、安藤サクラ 全 8 枚
拡大写真
『ゲルマニウムの夜』の大森立嗣監督がオリジナル脚本で完成させた青春映画『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』が、11月24日(火)、都内にて開催中の第10回東京フィルメックスの特別招待作品として上映された。上映後には、大森監督を始め、主演を務めた松田翔太に高良健吾、安藤サクラという、いま旬の3人が登壇し、観客からの質問に答えた。

施設で兄弟のように育った少年、ケンタ(松田)とジュン(高良)が過酷な現実にもがきながら旅に出る姿を描いた本作。すっかり打ち解けた様子の松田さんと高良さん。演技について聞かれると、「いろんな情報が頭に入ってたので、旅の理由とか考えるのをやめて何もやらないというのが大変でしたが、何もやらずに、健吾とのお芝居を楽しんでました」と松田さん。高良さんも「不安なところはたくさんありましたが、(松田さんと)寝食を共にしてましたし、翔太くんのことを本当の兄貴だと思って慕ってました。台詞というよりも、相手がしてきたことに素直に反応する、その場にちゃんと“いる”ことを意識しました」と互いへの信頼をアピール。自然な演技ができたことへの自負を感じさせた。

また、演じた役柄への共感を尋ねると、答えを渋りながらも松田さんは「“抜け出したい”、でもそのやり方がわかんない。方法は違うけど、同じかもしれない」と思いを語った。

一方、どこか控えめで真剣なムードの松田さんと高良さんに対して、「お通夜みたい」と笑い飛ばすカヨ役の安藤さん。撮影で大変だったことを聞かれると、「役作りで6、7キロ太って腰が痛かったのが大変でした。あと健吾くんのバイクの後ろに乗るのはとても怖かったし、ダンスの経験があるので『下手くそなダンスを踊る』というのが恥ずかしくて難しかったです」とはっきりした口調で端的に述べ、会場の笑いを誘った。紅一点ながら、男性陣2人を従えるような貫禄を見せ付けた。

『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』は2010年初夏、新宿ピカデリー、渋谷ユーロスペースほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加