アレック・ボールドウィンとシャイア・ラブーフ、訴訟合戦に発展!?

アレック・ボールドウィンがシャイア・ラブーフを相手取り、訴訟合戦に持ち込むことを準備しているようだ。シャイアは先日来、ブロードウェイ舞台「オーファンズ」の

最新ニュース ゴシップ
アレック・ボールドウィンとシャイア・ラブーフ -(C) Getty Images
アレック・ボールドウィンとシャイア・ラブーフ -(C) Getty Images 全 7 枚 拡大写真
アレック・ボールドウィンがシャイア・ラブーフを相手取り、訴訟合戦に持ち込むことを準備しているようだ。シャイアは先日来、ブロードウェイ舞台「オーファンズ」のキャスティングから自身が降板させられた原因の一部はアレックにあるとして非難し続けているが、対するアレックは今回、2人の確執が訴訟沙汰に発展する可能性があることを認めている。アレックはサンデー・タイムズ誌にシャイアと「訴訟に発展する可能性がある」ことを認めた上で、シャイアが舞台から降板したのは、シャイアに「舞台経験が全く無かった」からだと主張している。

またアレックの説明によれば、2人は出会った瞬間から馬が合わなかったようで、作品の全セリフを暗記してプロダクションに登場したシャイアは「自分の出演価値と演劇の才能を証明しようとするあまり、かなり態度が悪かった」ようだ。さらにその後のシャイアの「妙な」行動にショックを受けたというアレックは「あんな奇行は僕の人生で今まで一度も見たことがないよ!」とまで語っていて、シャイアと共に連日連夜に渡って舞台パフォーマンスを共にするプレッシャーがあり、「全員が全員そのプレッシャーを感じていたわけではないけどね。でも舞台に上がってみれば、このキャストで成功するはずないって感じると思うんだ。内部分裂するってね」と続けている。また、シャイアとは「性格の不一致」というわけではないと主張するアレックだが、「奴はすっごく性格がキツイんだよ。その場の空気を緊張感でかき乱しやがったから、結果的に稽古のプロセスもすっごく遅くなっちゃったんだ」とも付け加えている。

それに対して、シャイアの方もいまだアレックに対して怒り心頭の様子で、アレックに「仕返し」したいほどの怒りようだ。以前シャイアに近い関係者のひとりは「シャイアはこの問題を放っておくわけにはいかないようです。アレックが『オーファンズ』から自分のことを降板させたことにかなりの恨み節ですね」「監督に共演者の演技について文句をつけるなんて自分では夢にも思ったことがないシャイアですが、彼はアレックがそれを本当にしでかしたと信じています」と明かしている。

開演の数週間前となって突如シャイアは同ブロードウェイ作品から降板していて、アレックとは「男同士」として馬が合わないと明かしつつ、そのアレックが自分の降板の差し金になっていたのではないかとも認めていた。

(C) Getty Images

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加