阿部寛が“ターミネーター”ポーズで「また、来ちゃった」!? 『テルマエ・ロマエII』ポスター

2012年に公開され、興行収入59,8億円という歴史的大ヒットを記録し、第36回日本アカデミー賞において「最優秀主演男優賞」受賞(阿部寛)した“風呂”映画史上最高傑作の続編となる『テルマエ・ロマエII』が、“よい風呂の日(4月26日)”に公開されることが決定!

最新ニュース スクープ
『テルマエ・ロマエII』 -(C) 2014「テルマエ・ロマエII」製作委員会
『テルマエ・ロマエII』 -(C) 2014「テルマエ・ロマエII」製作委員会 全 3 枚 拡大写真
2012年に公開され、興行収入59,8億円という歴史的大ヒットを記録し、第36回日本アカデミー賞において「最優秀主演男優賞」受賞(阿部寛)した“風呂”映画史上最高傑作の続編となる『テルマエ・ロマエII』が、“よい風呂の日(4月26日)”に公開されることが決定! これに併せて、本作のポスター・ビジュアルがお披露目となった。

前作から引き続き、主演の阿部寛を始め上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、笹野高史、市村正親ら奇跡のキャスティングで甦る本作。

斬新な“テルマエ(浴場)”を作ったことで一躍人気者になった古代ローマの浴場設計技師・ルシウス(阿部寛)。しかし、コロッセオにグラディエイターを癒すテルマエ建設を命じられ、またまたアイディアに悩みまくり、再び現代日本へとタイムスリップ。

風呂専門雑誌のライターに転向していた“平たい顔族”の真実(上戸彩)との再会も束の間、平和推進派のハドリアヌス帝(市村正親)と武力行使派の元老院の対立に巻き込まれていくのだが――。

今回お披露目されたポスター・ビジュアルは、阿部さん演じるルシウスが古代ローマから現代日本へタイムスリップしてきた瞬間をイメージしたもの。立ち上る湯気の中で裸一貫で拳を地面に突き立てるその姿は、『ターミネーター』シリーズのアーノルド・シュワルツェネガーのような物々しい雰囲気さえ漂っている。しかし、その上には「また、来ちゃった。」の文字が浮かび、相変わらずの茶目っ気も健在のようだ。

今年4月上旬にクランクインし、日本映画初となるブルガリアでの大規模撮影を敢行。さらに草津、箱根など日本国内の“温泉の聖地”での撮影を経て、6月上旬にクランクアップ。来年2月の完成に向けて、現在仕上げ作業中とのことだ。

さらに、“よい風呂の日”である4(よい)月26(風呂)日に公開されることとなった本作。前作を超えるスケールで、2014年のゴールデンウィークをアツく“沸かす”こととなりそうだ。

『テルマエ・ロマエII』は2014年4月26日(土)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加