三代目J Soul、今年が「ターニングポイント」 AAAはレコ大5年連続優秀賞に喜び

「第56回 輝く!日本レコード大賞」の各賞受賞者の会見が、TBSにて12月12日(金)に行われ「SEKAI NO OWARI」、きゃりーぱみゅぱみゅ、「三代目J Soul Brothers」らが出席した。

最新ニュース レポート
三代目J Soul Brothers/「第56回 輝く!日本レコード大賞」会見
三代目J Soul Brothers/「第56回 輝く!日本レコード大賞」会見 全 10 枚
拡大写真
「第56回 輝く!日本レコード大賞」の各賞受賞者の会見が、TBSにて12月12日(金)に行われ「SEKAI NO OWARI」、きゃりーぱみゅぱみゅ、「三代目J Soul Brothers」らが出席した。

この日は、「優秀作品賞」を受賞した10組の中から「SEKAI NO OWARI」、きゃりーぱみゅぱみゅ、「AKB48」、「三代目J Soul Brothers」、「AAA」、「最優秀歌唱賞」を受賞したEXILE ATSUSHI、「新人賞」に輝いた大原櫻子、「SOLIDEMO」、徳永ゆうき、西内まりや、「特別賞」の「妖怪ウォッチ」を代表して主題歌を歌う「キング・クリームソーダ」とジバニャン、「作曲賞」の鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)とまさに錚々たる顔ぶれが一堂に会した。

「AAA」は今年の「さよならの前に」で5年連続の優秀作品賞受賞となった。リーダーの浦田直也は「来年でデビュー10周年になりますが、今年は初のアリーナツアーなど来年を楽しく迎えるべく、いろんなことが出来たと思います」と充実の表情。「今年の締めくくりとしていいパフォーマンスを見せたい」と12月30日(火)の生放送への意気込みを口にした。

「三代目J Soul Brothers」は「R.Y.U.S.E.I.」で優秀作品賞を受賞。NAOTOは「10年後をふり返って、2014年は間違いなくターニングポイントになったと言える素晴らしい年を過ごさせてもらいました」と今年1年で掴んだ手応えを口にし、「元気が出るようなパフォーマンスを目指して頑張りたい」と力強く語った。

きゃりーは今年1年を「ライヴの1年でした」とふり返る。当日のパフォーマンスについては「衣裳も考え中です。レコード大賞は特別なので、ゴージャスな感じにしたい」と予告した。

特別賞に輝いた「妖怪ウォッチ」のジバニャンの着ぐるみが登場すると、壇上のアーティストたちからも思わず笑みがこぼれる。「キング・クリームソーダ」の面々は「当日は“ゲラゲラポー”したいと思います!」とニッコリ。また、作曲賞の鬼龍院翔は「来年も何かしらテレビに出られるように頭を下げていきたい」と終始、低姿勢で笑いを誘っていた。

「第56回 輝く!日本レコード大賞」は12月30日(火)17:30より放送。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加