『スヌーピー』&『パディントン』…今冬注目!“もふもふ”のCG動物映画

今冬一番の大作映画といえば、真っ先に『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を思い浮かべる人も多いだろう。だが、今年は寒い季節にこそ必見(!?)な“もふもふ”“ふわふわ”で、あったかいビッグタイトル

映画 洋画ニュース
『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』(C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.(C) 2014 Peanuts Worldwide LLC
『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』(C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.(C) 2014 Peanuts Worldwide LLC 全 11 枚 拡大写真
今冬一番の大作映画といえば、真っ先に『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を思い浮かべる人も多いだろう。だが、今年は寒い季節にこそ必見(!?)な“もふもふ”“ふわふわ”で、あったかいビッグタイトルが2作控えている。

まず、『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』(12月4日公開)は、世界的に愛されているビーグル犬の“スヌーピー”がコミック連載開始65周年となる今年に初めて、フルCGで登場。そして、『パディントン』(2016年1月15日公開)でも、これまた世界中で親しまれている児童書の主人公、クマの“パディントン”も実写映画になってお目見えする。どちらも、最新のCG技術で毛並みまでリアルに再現され、思わず抱きしめたくなるほどの“もふもふ”ボディに仕上がっている。

“スヌーピー”は、製作にあたり、原作コミックの絵柄を綿密に研究し、味のある独特のタッチを完璧に再現。触り心地の良さそうなリアルな毛並みにもこだわり、CG/3Dで生き生きと動き回る、誰も見たことのない“もふもふ”キュートなスヌーピーを完成させた。映画の中では、そんなスヌーピーがパイロットになって、まさかのダイナミックな飛行アクションをたっぷり披露! 臨場感あるシーンもたっぷりと楽しめる。

また、“パディントン”は、実在感を持たせるため、風にゆれる体毛や光の反射など細部まで検証を重ね、フルCGでリアルかつ愛くるしいクマの姿に。『ハリー・ポッター』シリーズなどを手掛けるVFXチームが参加するだけあり、完成度の高さはお墨付きだ。劇中では、本物のクマと錯覚してしまうほどの“もふもふ”感を漂わせ、実写映像にしっかりと溶け込み抜群の存在感を発揮! 見た目はクマでも中身は立派な英国紳士、というギャップがより際立つ魅力的なキャラクターが完成した。

どちらの映画も、眺めているだけで目尻が下がりそうな“もふもふ”動物の2トップが大活躍。なお、12月の大本命『スター・ウォーズ』には、“もふもふ”キャラの代表格(!?)チューバッカが往年の相棒ハン・ソロとともに再登場を果たしている。実は“もふもふ”は、この冬のひとつのトレンドなのかもしれない!?

『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』は全国にて公開中。

『パディントン』は2016年1月15日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加