ジョニー・デップ&マリオン・コティヤール、『リバティーン』リブート版出演!

ジョニー・デップとマリオン・コティヤールが『リバティーン』のリブート版に出演することが決定した。

最新ニュース ゴシップ
ジョニー・デップ&マリオン・コティヤール-(C)Getty Images
ジョニー・デップ&マリオン・コティヤール-(C)Getty Images 全 5 枚
拡大写真
ジョニー・デップとマリオン・コティヤールが『リバティーン』のリブート版に出演することが決定した。

2004年にジョニーが出演した17世紀に生きた詩人ジョン・ウィルモットを題材とする同名タイトルとはまったく違った作品になるという。ベン・コピットが脚本を書き上げており、『X-MEN: ファイナル ディシジョン』のブレット・ラトナー監督がメガホンを取ることが決定している。

ジョニーは国際通貨基金の専務理事長を務めていたドミニク・ストロス=カーンを演じることになり、「Deadline」によると2011年に滞在先のホテルでメイドに性的暴行を加えた容疑をかけられたドミニクを追う実際の事件に基づいた作品になるようだ。事件の後、ドミニクは自宅軟禁を強いられ、最終的には証拠不十分で軟禁を解除され、起訴は取り下げられた。

同作品は現在開催中のカンヌ国際映画祭で配給元を探しているところだ。

(C) BANG Media International

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加