『君の名は。』LA映画批評家協会賞“アニメ賞”に!新海誠監督も歓喜「マジですか」

アカデミー賞の前哨戦の1つとされているLA映画批評家協会賞が4日(現地時間)に発表された。

最新ニュース ゴシップ
『君の名は。』(C) 2016「君の名は。」製作委員会
『君の名は。』(C) 2016「君の名は。」製作委員会 全 6 枚 拡大写真
アカデミー賞の前哨戦の1つとされているLA映画批評家協会賞が4日(現地時間)に発表された。

作品賞と監督賞はバリー・ジェンキンス監督の『Moonlight』(原題)が受賞。どちらの賞もデミアン・チャゼル監督の『ラ・ラ・ランド』(原題)が次点に選ばれた。

『Moonlight』からは、マハーシャラ・アリが助演男優賞、ジェームズ・ラクストンが撮影賞を獲得。計4部門で受賞し、高い評価を受けた。助演男優賞は、遠藤周作の「沈黙」を原作とし、ハリウッドで映画化された『沈黙-サイレンス-』に出演のイッセー尾形さんが次点として発表されている。

アニメ賞に輝いたのは、世界でも話題、いまもなお日本で記録的なヒットを更新中の『君の名は。』だ。アカデミー賞にまた一歩近付き、ますます期待が高まる。

新海誠監督は現在、海外プロモーションでロサンゼルスに滞在中だとのこと。リアルタイムで受賞を耳にし、ツイッターで「LAで取材中に嬉しいニュース。『君の名は。』がロサンゼルス映画批評家協会賞、アニメ部門受賞だそうです。なんと。マジですか…」と喜びを語っている。なお、次点はスタジオジブリ初の海外共同作品『レッドタートル ある島の物語』だった。

《Hiromi Kaku》

この記事の写真

/

特集

友だち追加