『探偵はBARにいる』第3弾ヒロインは北川景子! 松田龍平は脚本未読で大泉洋、唖然

最新ニュース レポート

『探偵はBARにいる3』製作発表会
『探偵はBARにいる3』製作発表会 全 9 枚 拡大写真
大泉洋&松田龍平コンビによる人気シリーズの最新作『探偵はBARにいる3』が前作から4年ぶりに製作されることが発表され、謎めいたヒロインを北川景子が演じることも決定! まもなく北海道で始まる撮影を前に、2月1日(水)、3人が揃って会見に臨んだ。

北海道生まれの作家・東直己のハードボイルド小説「ススキノ探偵」シリーズの実写化第3弾。探偵(大泉さん)の相棒・高田(松田さん)が持ち込んだ人探しの依頼をきっかけに、2人がまたまた騒動に巻き込まれていくことに…。北川さんは裏社会ともつながりを持つ、謎めいたモデルエージェンシーのオーナーを演じる。

大泉さんは4年ぶりの新作について「『2』が終わってすぐに『3』を作ることは決定していたんですが、そこからじっくり台本作りをして、ついに最高に面白いものを作れる時が来ました!」と満を持しての『3』への並々ならぬ意気込みを口にする。

ところが、松田さんはこの4年の空白について「大泉さんが忙しくてできなかった」と告発。これには大泉さんがすぐさま「それは違う(笑)!」と反論! 逆に現在、連続ドラマ「カルテット」出演中の松田さんに対し「あなた、連ドラやってて大丈夫? ヴァイオリン弾きながらアクションとか勘弁してよ! 何年も前に(映画の撮影スケジュールが)決まってたのに、なんでドラマ引き受けちゃったのよ?」とツッコミ、笑いを誘う。「心配は龍平くんのスケジュール。(ドラマ『カルテット』の)タイトルが『トリオ』に変わるんじゃ?」と不安を口にする。

さらに、本作の見どころに話題が移ると、松田さんは「まだちゃんと読んでない。ドラマが忙しくて…(苦笑)」と正直すぎる答えで、これには大泉さんも「うそでしょ? ビックリしました」と唖然。「そうだとしても普通は言わないでしょ…」と驚愕していた。

探偵と高田さながらのやり取りに、この会見開始の15分ほど前に初めて2人と顔を合わせたという北川さんも笑いがこらえられない様子。もともと、シリーズのファンだったとそうで、今回、謎めいたヒロインでの参戦ということで「嬉しいです。いままで、あまりやっていないタイプの役で、新しい挑戦になる」と意気込む。大泉さんは北川さんの役柄について「よく受けていただいた。悪女的なところもあり、我々が見てきた北川景子とは違う面が出てくる」と語り、さらには「そんなこともするのか!? というシーンもある。個人的には、そんな北川景子はあんまり見たくない。やらない方がいいんじゃないかと思う」と独特の表現で、これまでの北川さんのイメージを塗り替える役柄になると予告した。

シリーズの中では、探偵が雪に埋められたり、ジャンプ台から飛び降りたりと散々な目に遭うのがお決まりとなっているが、今回、どんなひどい目に遭うのか…? 大泉さんは「海が利用されます」とその一端を明かし「どうやって撮るのか…? 死んじゃうぞ! 書くのは簡単だけど…。マイナス何十度まで耐えられるウェットスーツの採寸があったけど、何に使うのか…」とぼやき気味に語っていた。

『探偵はBARにいる3』は2月中旬より撮影開始。2017年冬公開予定。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加