ハリソン・フォード、あわや飛行機での大惨事再び…

ハリソン・フォードが13日(現地時間)、カリフォルニア州の空港で操縦していた飛行機の着陸場所を間違えていたことがわかった。

最新ニュース ゴシップ
ハリソン・フォード-(C)Getty Images
ハリソン・フォード-(C)Getty Images 全 4 枚 拡大写真
ハリソン・フォードが13日(現地時間)、カリフォルニア州の空港で操縦していた飛行機の着陸場所を間違えていたことがわかった。

13日午後(現地時間)にプライベート機を操縦していたハリソンは、オレンジ・カウンティ近くにあるジョン・ウェイン空港で乗客110名を乗せたアメリカン航空のボーイング737の真上を通過し、滑走路ではなく誘導路に着陸した。幸い負傷者は出ず、旅客機は数分後にテキサス州ダラスに向けて無事離陸したという。

ハリソンが操縦していた「Aviat Husky」に対して、空港の管制官は適切な指示を出し、ハリソンもそれを正しく復唱していたという。だが、滑走路と並行する誘導路に入ってしまった。NBCニュースは、ハリソンが管制官に「あの旅客機は私の下にいるべきものだったのか?」と尋ねているのが録音されていると報じている。

74歳になるハリソンは2015年3月に、第二次世界大戦中のヴィンテージ機を操縦中にゴルフ場に胴体着陸する事故を起こし、頭部と足を負傷した。2年足らずで大惨事になりかねない事態を引き起こし、操縦免許の停止あるいは取り消しの警告を受けた。

《text:Yuki Tominaga》

この記事の写真

/

特集

友だち追加