『この世界の片隅に』ほか日本作品ノミネートならず 第90回アカデミー賞ノミネート発表

最新ニュース スクープ

『この世界の片隅に』(C) こうの史代・双葉社 / 「この世界の片隅に」製作委員会
『この世界の片隅に』(C) こうの史代・双葉社 / 「この世界の片隅に」製作委員会 全 10 枚 拡大写真
1月23日22時頃(日本時間)、第90回アカデミー賞のノミネーションが発表され、長編アニメーション部門の候補対象作に選出されていた『この世界の片隅に』をはじめ、日本の作品5本はノミネーションから外れたことが分かった。

昨年11月にアカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミー(AMPAS)は長編アニメーション部門の候補対象となる26作を選出。その中には片渕須直監督の『この世界の片隅に』(英題『In This Corner of the World』)、米林宏昌監督の『メアリと魔女の花』(英題『Mary and the Witch’s Flower』)、神山健治監督の『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(英題『Napping Princess』)、山田尚子監督の『映画 聲の形』(英題『A Silent Voice』)、伊藤智彦監督の『劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール』(英題『Sword Art Online: The Movie Ordinal Scale』)の5作品が対象作として挙げられていた。

今回の発表ではユニバーサル・スタジオとドリームワークス・アニメーションがタッグを組む『ボス・ベイビー』(3月21日公開予定)、ピクサーの最新作『リメンバー・ミー』(3月16日公開予定)、アンジェリーナ・ジョリーがプロデュースした『The Breadwinner』(原題)、『Ferdinand』(原題)、『ゴッホ 最期の手紙』が候補になった。

授賞式は3月4日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターにて開催される。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加