ギレルモ・デル・トロ監督が来日、「お菓子食べ過ぎ」お茶目な素顔は実写版トトロ?

最新ニュース レポート

ギレルモ・デル・トロ監督&菊地凛子/『シェイプ・オブ・ウォーター』来日会見
ギレルモ・デル・トロ監督&菊地凛子/『シェイプ・オブ・ウォーター』来日会見 全 9 枚 拡大写真
第90回アカデミー賞で最多13部門にノミネートされている『シェイプ・オブ・ウォーター』のギレルモ・デル・トロ監督が1月30日(火)、都内で来日記者会見を行った。

■『シェイプ・オブ・ウォーター』ってどんな映画?



『シェイプ・オブ・ウォーター』 (C)2017 Twentieth Century Fox『シェイプ・オブ・ウォーター』 (C)2017 Twentieth Century Fox
昨年のヴェネチア国際映画祭にて満場一致で金獅子賞に輝き、その後の映画賞レースを牽引している本作。第75回ゴールデングローブ賞でも2部門に輝き、来月の米アカデミー賞まで勢いは衰え知らずだ。

米ソが冷戦を繰り広げていた1962年、政府の極秘研究機関で清掃員として働く女性イライザと、そこで出会った“不思議な生き物”が言葉を超えた運命の愛を織りなすファンタジックなラブストーリー。『パンズ・ラビリンス』『パシフィック・リム』のデル・トロ監督が監督・脚本・製作・原案を手がける。


■実写版トトロ? 「日本でお菓子食べ過ぎた…」とお茶目な素顔



ギレルモ・デル・トロ監督/『シェイプ・オブ・ウォーター』来日会見
日本のカルチャーに造詣が深く、自ら“オタク”だと認めるデル・トロ監督は「私の太ったハート(fat heart)に、ここ日本はとても近しい場所なんだ。だから、自分らしい表現を貫いた自信作を持って、来日できて光栄だよ」と挨拶。ジャケットのボタンが閉める仕草をしつつ「日本に来て、お菓子を食べ過ぎちゃって…。それにしゃぶしゃぶもね。だから、ボタンが閉まらないよ」とおどける姿は、まるで実写版トトロ?


■「いまの時代にこそ、必要な作品だと思う」と自信のコメント



ギレルモ・デル・トロ監督/『シェイプ・オブ・ウォーター』来日会見
言葉を話せない女性と、半魚人のような“不思議な生き物”のピュアな恋愛ストーリーを描いた理由は、「自分とは異なる存在、価値観を恐れるいまの時代にこそ、他者を愛する気持ちの重要性を描く作品が必要だと思ったから」とデル・トロ監督。舞台は1962年だが「差別が消えていないという意味では、いまとまったく変わらない」と語り、「ファンタジーでしか表現できない、詩的なパワーを信じたんだ」と集大成にして新境地である本作に胸を張った。


■菊地凛子と再会し『パシリム』思い出話!



ギレルモ・デル・トロ監督&菊地凛子/『シェイプ・オブ・ウォーター』来日会見
会見には『パシフィック・リム』に出演した菊地凛子が登場。うろこのように輝く、神秘的なグリーン色が印象的なドレス姿は、まるで“不思議な生き物”のようだった。久しぶりに再会したと言うデル・トロ監督に「昨日、映画を拝見したばかりで、いまも感動がさめていない。究極のラブストーリーであり、深い愛を見せてもらった」と『シェイプ・オブ・ウォーター』の感想を伝えていた。

話題が『パシフィック・リム』撮影時の思い出話に及ぶと、菊地さんは「重いスーツを着て、波打ったプールに飛び込んだことも。最初は(飛び込むと)聞いていなかったが、監督に『できない』とは言えなかった。それくらい、やる気にさせてくれて、愛情に応えたくなる監督。現場のみんなが信頼していた」と回想。デル・トロ監督も「あのときは、僕もプールに飛び込んだよね」と懐かしそうに語っていた。

■注目の第90回アカデミー賞は、3月4日(現地時間)発表


第90回アカデミー賞で『シェイプ・オブ・ウォーター』が候補に挙がっているのは、以下の13部門。果たして、何部門で栄冠を勝ち取るのか、ぜひ注目したい。
▽作品賞
▽監督賞(ギレルモ・デル・トロ)
▽主演女優賞(サリー・ホーキンス)
▽助演男優賞(リチャード・ジェンキンス)
▽助演女優賞(オクタヴィア・スペンサー)
▽脚本賞
▽美術賞
▽撮影賞
▽衣装デザイン賞
▽編集賞
▽音響編集賞
▽録音賞
▽作曲賞(アレクサンドル・デスプラ)

『シェイプ・オブ・ウォーター』は3月1日(木)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加