錦戸亮、ジャニーズのネット解禁第一号に!ハリウッド進出も「挑戦させてもらいたい」と前向き

最新ニュース レポート

錦戸亮/『羊の木』記者会見
錦戸亮/『羊の木』記者会見 全 3 枚 拡大写真
関ジャニ∞の錦戸亮が31日、都内にある公益社団法人 日本外国特派員協会での主演映画『羊の木』試写会後に記者会見を行った。ジャニーズ事務所は所属タレントの写真を、同会見を持ってインターネットで解禁することを、この日発表。その第一号が錦戸さんとなった。

■錦戸亮、流ちょうな英語で挨拶


国内外の報道陣を前に錦戸さんは「この映画を通して自分は、まったくわからない存在が自分のコミュニティに入ってきたらどうしようかと考えた。エンターテインメントでありながら、社会的な側面もある作品。この作品を通して過疎化、移民などの問題についても考えるいいきっかけになれば」と流ちょうな英語で挨拶。集まった海外メディアからは歓声と拍手が沸き起こった。

錦戸亮&吉田大八監督/『羊の木』記者会見錦戸亮&吉田大八監督/『羊の木』記者会見
そんな英語力を評価して海外メディアから「ハリウッド進出の希望は?」と聞かれた錦戸さんは「挑戦させてもらいたい」と前向きも「でも冒頭のスピーチで死ぬほど緊張したから…」と苦笑い。さらに結婚願望については「結婚、そうですね」と首を傾げつつ「いま33歳で、いずれ惹かれる人がいたらとは思うけれど、いまは考えられない。いつかという夢のような感じが大きい」と話した。

■芝居はアイドルの必要がない「煌びやかなのは自分の側面の一つ」



錦戸亮/『羊の木』記者会見
劇中ではごく一般的な公務員を演じており、その役への馴染みぶりが好評だが「普段は煌びやかなステージに立っているけれど、お芝居の仕事ではアイドル的なところは出す必要がないと思っています。家に帰ったら普通ですから。だから煌びやかなのは自分の側面の一つなんです」と等身大を強調した。

『羊の木』は2月3日(土)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加