梶裕貴ら人気声優&「マンウィズ」が集結!バカリズム初脚本アニメ映画『劇場版 ひらがな男子』

日本テレビで毎月1回放送されている、2次元キャラ育成バラエティー番組「アイキャラ3」が、2月22日(木)深夜に放送。この度、バカリズムがアニメ映画の脚本に初挑戦した、番組から生まれたキャラクター「ひらがな男子」の劇場版の詳細が明らかになった。

最新ニュース スクープ
『劇場版 ひらがな男子 ~序~』 バカリズム
『劇場版 ひらがな男子 ~序~』 バカリズム 全 4 枚 拡大写真
日本テレビで毎月1回放送されている、2次元キャラ育成バラエティー番組「アイキャラ3」が、2月22日(木)深夜に放送。この度、バカリズムがアニメ映画の脚本に初挑戦した、番組から生まれたキャラクター「ひらがな男子」の劇場版の詳細が明らかになった。

「アイキャラ3」は、永遠に理想の姿を保ち続け、世界中に愛と笑顔をふりまく2次元キャラクター「アイキャラ」を生み出すプロジェクト。バカリズム、「Base Ball Bear」小出祐介、「でんぱ組.inc」夢眠ねむの3人が視聴者と共に、たっぷりの情熱とフェティシズム、そして斬新なアイデアでキャラを生み育て現実世界でのデビューを目指していく、2次元キャラ育成バラエティー。

「ひらがな男子」は、バカリズムさん原案のひらがな一文字一文字が“擬人化”したキャラクターで、ひらがな男子が登場するアプリゲーム「いつらのこゑ」は、20万超ダウンロードのヒットを記録。そして今回、そんなキャラクターたちが劇場アニメーションに登場! アニメ映画の脚本初挑戦となるバカリズムさんが手掛ける本作は、文字が失われてしまった時代に現れたひらがな男子たちが、仲間探しの旅に出るSF冒険奇譚。歌あり、笑いあり、掛け声ありと、参加型上映スタイルとなっている。

監督は「鋼の錬金術師」「機動戦士ガンダム00」の水島精二が務めるほか、「あ」の梶裕貴、「ぬ」の杉田智和をはじめ、鈴木達央(「た」)、緒方恵美(「ね」)、下野紘(「ば」)、市川太一(「う」)、矢野奨吾(「の」)、藤原啓治(農夫)が出演。

さらに、映画の挿入曲が「MAN WITH A MISSION」の「DON'T LOSE YOURSELF」に決定。劇中の重要なシーンで流れるという。メンバーのジャン・ケン・ジョニーは、「昔カラ知ッテイルプロデューサーニ熱烈ナオファーヲ受ケテ楽曲ヲ使ッテ頂クコトニナリマシタ。コノ楽曲ハMAN WITH A MISSIONノ一番最初ノMVニナッタ、世ニ姿ヲ現ワシタ、言ウナレバ原点ミタイナ曲。嬉シイ限リデス。2次元キャラ新時代トトモニ楽シンデ下サイ!」とコメントを寄せている。

なお、3月16日(金)夜にTOHOシネマズ新宿にてプレミア上映が決定しており、「アイキャラ3」MC3人のほか、水島監督、梶さん、市川さん、矢野さんなどの登壇も予定されている。チケットはチケットぴあにて、2月24日(土)11時~プレリザーブ(※抽選先行)、3月3日(土)10時~一般発売(※先着)。

ストーリー

世の中から文字という文字が消え果てた時代の日本。人々は文字を使えない不自由な生活を送っていた。そんな中、立ち上がったひらがなの「あ」(cv.梶裕貴)は相棒のうり坊あんこ(cv.天野七瑠)と共に、仲間たちを探し求める旅にでる。最初に訪れた町でたまたま入った占いの館で偶然出会ったのが「う」(cv. 市川太一)だった。「う」によるとひらがな男子には必ず印となる文字のあざがあるという。そして思わぬところに自らのあざを見つける「あ」…。

その後2人はあちこちの村や町を巡り歩き、紆余曲折ありながらほかのひらがなたちと出会いを重ね、仲間を増やしていく。が、そんな一行の前に立ちはだかる黒い影が――。

『劇場版 ひらがな男子 ~序~』プレミア上映は3月16日(金)TOHOシネマズ新宿にて開催予定。

「アイキャラ3」は毎月最終木曜日24時59分~日本テレビにて放送。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加