「フラーハウス」の製作総指揮ジェフ・フランクリン、“不品行”で解雇

「フルハウス」時代からの製作総指揮ジェフ・フランクリンが“不品行”により、ネットフリックスとワーナー・ブラザースからクビを言い渡されてしまった。

最新ニュース ゴシップ
ジェフ・フランクリン&「フラーハウス」キャスト陣-(C)Getty Images
ジェフ・フランクリン&「フラーハウス」キャスト陣-(C)Getty Images 全 2 枚 拡大写真
「フルハウス」終了から10年以上が過ぎた2016年、満を持して続編シリーズ「フラーハウス」がスタート。「フルハウス」時代からの製作総指揮ジェフ・フランクリンが成功へと導き、今年はシーズン4の製作も発表され絶好調と見られていた。しかし、なんとフランクリンが“不品行”により、ネットフリックスとワーナー・ブラザースからクビを言い渡されてしまった。「Variety」誌など複数メディアが報じている。

問題となった“不品行”とは、フランクリンの「フラーハウス」の脚本家たちに対する暴言や不適切な発言。自身の性生活を語ったり、デートしている女性たちを撮影現場に連れてきて小さな役を与えるなどのあるまじき行動も明るみに出ている。ただし、「セクハラ」については直接的なクレームは出ていないとのことだ。製作会社のワーナーは2年前に初めて匿名によるフランクリンへのクレームを受け取っていた。

ネットフリックスは「『フラーハウス』は予定通り、シーズン4を製作します。2、3か月後からスタートできればと思っています」とコメントを発表している。フランクリンの後任はまだ発表されていない。

《Hiromi Kaku》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加