ディズニー、『スター・ウォーズ』TVドラマ化へ!『アイアンマン』監督が担当

最新ニュース ゴシップ

ストーム・トルーパー/『スター・ウォーズ』 -(C) Getty Images
ストーム・トルーパー/『スター・ウォーズ』 -(C) Getty Images 全 3 枚 拡大写真
2019年にストリーミングサービスに乗り出すディズニーが、『スター・ウォーズ』の実写版テレビドラマを製作するという。ウォルト・ディズニー・スタジオの傘下のルーカスフィルムが発表した。

『アイアンマン』、『ジャングル・ブック』などを手掛けてきたジョン・ファヴロー監督が製作総指揮・脚本を担当する。ファヴロー監督は、TVアニメシリーズ「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」に声優として、また今年公開の『ハン・ソロ/スター・ウォーズ』には俳優としての出演経験があり、『スター・ウォーズ』の世界観をよく知っている人物だ。ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長は「ジョンは製作と脚本のパーフェクトなコンビネーションの才能の持ち主です。『スター・ウォーズ』の世界を雄弁に語ってくれることでしょう」とコメントを発表。

ファヴロー監督は「もし11歳の頃の僕に(将来)『スター・ウォーズ』の物語を作るようになるんだと言っても、信じなかっただろうね。心躍るような冒険に出るのが待ちきれないよ!」と喜びを語っている。

現在、ファヴロー監督はディズニーアニメの『ライオン・キング』の実写映画『The Lion King』(原題)を撮影中。

《Hiromi Kaku》

この記事の写真

/

特集

友だち追加