戸田恵梨香&大原櫻子、初共演の印象明かす『あの日のオルガン』クランクアップ

映画 邦画ニュース

『あの日のオルガン』(C)映画『あの日のオルガン』製作委員会
『あの日のオルガン』(C)映画『あの日のオルガン』製作委員会 全 7 枚 拡大写真
第二次世界大戦末期、東京都品川区戸越の保育士たちが幼い園児たちと集団で疎開し東京大空襲の戦火を逃れた「疎開保育園」の実話を描く『あの日のオルガン』。この度、およそ1か月の撮影が無事クランクアップし、W主演を務めた戸田恵梨香と大原櫻子からコメントが到着。また第1弾場面写真が公開された。

>>『あの日のオルガン』あらすじ&キャストはこちらから

戸田恵梨香&大原櫻子、初共演でW主演を務めた感想は…?


撮影をふり返り―― 戸田さん「有意義な時間」大原さん「楽しもうと意識」


3月1日にクランクインし、3月末にクランクアップを迎えたばかりの本作。戦時中を舞台とした作品とあって、板倉楓役の戸田さんは「重たいシーンが続いていたので、自分の精神状態が普段いないところにいました。1か月間精神的にきついことが続きましたが、有意義な時間で、すごい作品が出来るんじゃないかと手応えを感じています」と撮影をふり返る。

『あの日のオルガン』(C)映画『あの日のオルガン』製作委員会
また野々宮光枝役の大原さんは、「ほかの保母さんは子どもたちを守るということを念頭に置いているかと思うのですが、光枝の場合は子どもたちと楽しもうと意識しました。日常に笑顔を探していました」と演じる上で大切にしたことを語る。

『あの日のオルガン』(C)映画『あの日のオルガン』製作委員会

“初共演”の2人、お互いの印象は?


女優として様々な作品に出演する戸田さんと、歌手と女優という2足のわらじを履きこなす大原さん。そんな主演の2人は今回が初共演。

戸田恵梨香&大原櫻子 (C)映画「あの日のオルガン」製作委員会
それぞれの印象については、「なんてまっすぐな人なんだろうと思いました。本読みのときにみんながどういうテンションなのか、どういう風に役を作るのかを探りながらやっているのですが、さくちゃんは物語に感情移入していて、その真摯な姿をみて驚きました。前を見ている姿が私にとって心の支えでしたし、いつも見ていたい人だなという風に思いました」(戸田さん)、「すごくお芝居に熱くて、もっとこうしたほうが、ああしたほうが良いのではなどのディスカッションを監督とすごくされていて、とても勇ましいというか、先輩として女優さんとして勉強させていただきました。クールなイメージだったのですが、気さくで、かわいくて、会ったらもっと好きになりました」(大原さん)とお互いが支えとなっていた様子。

見どころは…


また公開は来年とまだ先となるが、戸田さんは「保母さんが葛藤している姿、子どもたちの目をみてもらえたら」と見どころを述べ、「色々な世代、これからの世代の方にも観て欲しい」と話す大原さんは、「心が苦しくなるシーンもあるのですが、この作品はコミカルな部分があったり、子どもたちの笑顔に見ている人もふと笑顔になる作品になると思います。タイトルの『あの日のオルガン』にもある、音楽のシーンも楽しんで欲しいなと思います」とアピールしている。

実力派俳優が脇を固める!


さらに今回、本作を支える実力派俳優陣の参加が発表。疎開先の世話役、近藤作太郎とその妻・梅子を、平松恵美子監督が長年共同脚本・助監督を務める山田洋次監督作品にも出演する橋爪功松金よね子が、作太郎の次男・信次を萩原利久。また、戸田さん扮する板倉楓が勤める戸越保育所所長・脇本滋を「ココリコ」田中直樹、戸越保育所と合同で児童疎開を実現する愛育隣保館の主任保母・柳井房代を夏川結衣、楓らに自身の子どもを預ける疎開児童の父母に、林家正蔵陽月華山中崇田畑智子が決定した。

『あの日のオルガン』新キャスト
『あの日のオルガン』は2019年2月、新宿ピカデリーほか全国にて公開予定。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加