中川大志、“究極のヘタレ男子”に!「覚悟はいいかそこの女子。」実写映画化

イケメン俳優・中川大志が、漫画家・椎葉ナナのコミックを実写化する『覚悟はいいかそこの女子。』で主演を務めることが決定。中川さんは、初彼女獲得のために奮闘する、恋愛経験ゼロの“究極のヘタレ男子”を熱演する。

映画 邦画ニュース
『覚悟はいいかそこの女子。』(C)2018映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会
『覚悟はいいかそこの女子。』(C)2018映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会 全 2 枚 拡大写真
現在放送中のドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」にて、主人公の許嫁という重要な役どころで出演する旬のイケメン俳優・中川大志が、漫画家・椎葉ナナのコミックを実写化する『覚悟はいいかそこの女子。』で主演を務めることが決定。中川さんは、初彼女獲得のために奮闘する、恋愛経験ゼロの“究極のヘタレ男子”を熱演する。

ストーリー


幼い頃から女子に囲まれてきたイケメンの“愛され男子”古谷斗和(ふるやとわ)。女性からチヤホヤされ、自分はモテると思い込んでいる斗和だが、実は付き合った経験ゼロで、もちろん非リア充…。ある日、彼女ができた同級生から「所詮、お前は観賞用男子だ!」と言われた斗和は、「(イケメンのオレが)彼女を作るなんてチョロい」と、高らかに「彼女作ります!!」宣言。狙うは学年一人気だが、幾人の男達からの告白を断り続ける難攻不落のクールビューティー・三輪美苑(みわみその)。そんな美苑に自信満々に告白する斗和だったが、「安っぽい告白」と一瞬でフラれる始末! 

まさかの展開に、現実を受け入れられない斗和は、とにかく躍起になって、再三、アプローチを続けるが、撃沈の連続。しかし、そんなアプローチを続ける日々の中で、次第に斗和は美苑の優しさや、人柄に触れ、本気で彼女を好きになり始めるのだった。そんなとき、彼女の視線の先に美術教師・柾木隆次(まさき たかつぐ)がいることに気づく。「俺はヘタレだ!」と自覚し、人生で初めて恋した相手に認めてもらうべく、見た目はイケメン、中味はヘタレな男が、本気で大奮闘! 見事ヘタレを克服し、初彼女をゲットできるのか――!?

原作は、「マーガレット」(集英社)にて、2014年5号~16号に掲載された椎葉氏の同名コミックが原作。多くの読者から「ヘタレ男子を応援したくなる!」という声が多数寄せられ、“ヘタレ男子マンガの先駆け”と言われる本作を実写化するのは、「監獄学園-プリズンスクール-」でもタッグを組んだ鬼才・井口昇監督。また「ホテルコンシェルジュ」「真夜中のパン屋さん」の李正姫が脚本を担当した。

椎葉ナナ「覚悟はいいかそこの女子。」(C)椎葉ナナ/集英社
今回主演を務める中川さんは、「家政婦のミタ」や「夜行観覧車」、大河ドラマ「真田丸」に出演し、昨年は『きょうのキラ君』『ReLIFE リライフ』に主演。また、現在公開中の『坂道のアポロン』ではジャズドラムに挑戦し、先日放送スタートしたドラマ「花より男子」の新章「花のち晴れ~花男 Next Season~」に出演するなど、一層注目が集まっている若手俳優。

そんな中川さんが今回演じるのは、 超絶イケメンだけど、観賞用男子と野次られ、勢いで学年一の美女に告白するもあえなく撃沈。その現実が受け入れられず、幾度となくアタックする“究極ヘタレ男子”の主人公・古谷斗和。

中川さんは「ヘタレな役柄は前から演じてみたかった」と話し、撮影現場でも腰が引けているときの足の角度を監督と話し合ったり、不良に絡まれ引きずられるシーンでは、衣装が破ける程の引き摺られっぷりを見せるなど、今回徹底的に“究極のヘタレ男子”を体現している。また「どこまで崩して良いものなのか、そこのさじ加減が難しかった」と、ヘタレを演じる上で苦労した点を明かす中川さん。一方で、「僕自身も、虫も、高い所も、お化けも、全部嫌い。怖いものが多いヘタレです」と意外なヘタレエピソードも披露。

さらに、劇中で斗和は何度もヒロインにフラれ、何度もアプローチする役どころということで、フラれても何度もアプローチできるか? という問いに中川さんは、「一度フラれても、好きな気持ちが無くならない限りは、諦めないと思います」と男らしい回答が。そして現在19歳の中川さん。「20歳になったら、より一層、大人として、1人の人間として自分がどう生きて、どう進んで行きたいのかを自分の中で明確にして、責任を持っていろんなことに取り組んでいきたいです」と20歳を迎えるにあたっての目標も語っている。

『覚悟はいいかそこの女子。』は10月12日(金)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加