セリーヌ・ディオン新曲が『デッドプール2』OPソングに!俺ちゃん悲願のコラボ実現

マーベル史上最も無責任なヒーローとして、絶大な人気を誇る”俺ちゃん“こと『デッドプール』。ライアン・レイノルズ主演で映画化され、6月1日に公開が決まっている続編『デッドプール2』から、世界的歌姫セリーヌ・ディオンとの、まさかのコラボMVが公開された。

映画 洋画ニュース
『デッドプール2』(C)2018Twentieth Century Fox Film Corporation
『デッドプール2』(C)2018Twentieth Century Fox Film Corporation 全 12 枚 拡大写真
マーベル史上最も無責任なヒーローとして、絶大な人気を誇る”俺ちゃん“が主人公の『デッドプール』。ライアン・レイノルズ主演で映画化され、6月1日に公開が決まっている続編『デッドプール2』から、世界的歌姫セリーヌ・ディオンとの、まさかのコラボMVが公開された。

>>『デッドプール2』あらすじ&キャストはこちら

事の発端は先日米チャリティーサイト「Omaze」とのコラボレーション企画。デッドプールがいつものコスチュームではなく、企画用のピンクコスチュームを身にまとい「(歌手は)ピンクではなくセリーヌ派だ」と公言。その想いが届いたのか(?)、ディオンが本作のオープニング・テーマ曲に楽曲を提供することが決定した。グラミー賞5冠、アカデミー賞2冠、全世界トータルセールスは約2億5,000万枚を誇る、カナダが生んだ世界的歌姫との異色コラボは瞬く間に話題となった。



コラボMVでは、大ステージで歌声を響かせるディオンの元に、颯爽と自慢げにプリケツを披露し、ハイヒール姿で踊り狂うデップーが登場。あまりのインパクトに、時折ディオンより目立つ始末。ディオンが歌い終わると「セリーヌ! 素晴らしかったよ!」と絶賛しつつも、なんと世界の歌姫に対し撮り直しを要求する。

「素晴らしすぎたからさ。『デッドプール2』なんだ、10点満点で11点とっちゃった感じさ、5点ぐらいに落としてくれる?」と作品同様、テキトー加減を要求するデップーに、ディオンも「私の歌には11点しかないのよ! わかったわね、スパイダーマン!」と、負けじと応酬。デップーは本人を前に「あーあ、『イン・シンク』(ジャスティン・ティンバーレイクも所属した2002年に活動休止した男性アイドルグループ)に頼んどけばよかった」と失礼極まりないオチもつけている。


そんなMVは、配信開始後より現在(5月8日15時時点)までで再生数が1381万回、高評価が34万件とすでに世界中で話題沸騰中。まだ見ていない人は是非チェックしてみて。

『デッドプール2』は6月1日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加