Netflix「13の理由」早くもシーズン3配信決定!シーズン2の大反響受け

海外ドラマ スクープ

Netflixオリジナルシリーズ「13の理由」シーズン1~2独占配信中
Netflixオリジナルシリーズ「13の理由」シーズン1~2独占配信中 全 4 枚 拡大写真
歌手で女優のセレーナ・ゴメスが製作総指揮を務めた、Netflixオリジナルシリーズ「13の理由」。 待望のシーズン2が配信開始となり、大反響を呼んでいる本作から、早くも2019年にシーズン3が配信されることが明らかとなった。

■あらすじ


高校生クレイ・ジェンセン(ディラン・ミネット)のもとに、彼が秘かに想いを寄せていたクラスメイトで、2週間前に自殺したハンナ・ベイカー(キャサリン・ラングフォード)の声が録音されたカセットテープが届けられる。カセットテープには“彼女が自ら命を絶った13の理由”が残されていた。「このテープを聴いているってことは、あなたもその理由の1つよ」と、テープの中でハンナは語りかける。そのテープを聴きながら、ハンナが死を選んだ理由、そして彼女の死の引き金となった人物たちに迫っていくクレイ。クレイ自身も、彼女に“何か”をしたのだろうか? ハンナがいた“過去”とクレイが謎解きする“現在”の2つの物語を通して紡がれる真実。

やがてハンナの死から5か月後。同級生タイラーの証言を皮切りに、リバティ高校に対する裁判が始まろうとしていた。そんな中、クレイはロッカーの中に気がかりな写真を見つけ…。



■異例の速さで次のシーズン製作が決定!


自ら命を絶った理由をカセットテープに残した女子高校性ハンナ・ベーカーとその死の真相をめぐって繰り広げられる高校生たちのドラマが、SNSを通した若者の人間関係などをリアルに捉えると共に、彼らが抱える様々な問題を映し出した作品として、2017年世界でもっともツイートされたミステリードラマとなるなど、社会現象に至るほどの人気を得た本作。

5月18日(金)より、待望のシーズン2が全世界配信開始すると、ハンナを失った喪失感を乗り越えようとする登場人物たちの物語は、新たなキャラクターを交えながら、さらに深く、そしてドラマチックに展開。新たな謎が次々と明かされ、全ての真相に迫る事件が巻き起こっていく。

この度、各国でのシーズン2への大きな反響を受け、配信から3週間もたたずに、早くもシーズン3の制作と2019年の配信決定が発表された。日本でもシーズン2が配信されると同時に、「シーズン1で完璧に終わってたので、何をやるんだろと思ってたが、シーズン2も容赦のない掘り下げ」「やばい、これ止まらなくなるやつだ」「めちゃくちゃ匂わせて終わったから気になる…」とネット上も騒然となっており、今回の発表にファンから歓喜の声が上がることは必至。シーズン3も全13話のエピソードになる予定で、エグゼクティブ・プロデューサーとして、引き続きセレーナと、脚本も手がけるブライアン・ヨーキーの参加が決定している。


1人の女子高生が残したカセットテープを巡る物語は、誰も想像できない大きな展開を巻き起こす…。果たして、シーズン3ではいったい何が描かれるのか? 引き続き注目していて。

Netflixオリジナルシリーズ「13の理由」シーズン1~2は配信中。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加