注目女優マッケンジー・デイヴィスがコスプレで魅惑のウェイトレス姿に!『タリーと私の秘密の時間』

シャーリーズ・セロンが18キロも増量して母親役に挑んだ『タリーと私の秘密の時間』。この度、本作でベビーシッターのタリーを演じた、期待の若手女優マッケンジー・デイヴィスのウェイトレスコスプレ姿を捉えた場面写真が公開された。

映画 洋画ニュース
『タリーと私の秘密の時間』 (C) 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
『タリーと私の秘密の時間』 (C) 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED. 全 4 枚 拡大写真
シャーリーズ・セロンが18キロも増量して母親役に挑んだ『タリーと私の秘密の時間』。この度、本作でベビーシッターのタリーを演じた、期待の若手女優マッケンジー・デイヴィスのウェイトレスコスプレ姿を捉えた場面写真が公開された。

>>『タリーと私の秘密の時間』あらすじ&キャストはこちら

本作でシャーリーズと同時に注目を集めているのは、期待の女優と呼び声高い、マッケンジー・デイヴィスだ。『ブレードランナー 2049』に娼婦のマリエッタ役で出演し、『ターミネーター』シリーズ最新作ではヒロインに選ばれ、いま最も勢いのある女優のひとり。本作ではシャーリーズ演じるワンオペ育児に追われるマーロの前に、まさに救世主のような存在として夜だけに訪れるベビーシッター、タリーを演じている。

『タリーと私の秘密の時間』 (C) 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
「心を開いて、役に立ちたいの」というタリーの優しさにマーロは徐々に心を開いていき、いつしか不思議な絆が芽生えた2人は毎晩プライベートなことまで話し合うように。そしてある晩、マーロは旦那のドリュー(ロン・リヴィングストン)との関係について、良い父親だが夫婦関係は冷えてきていると打ち明け、「昼間は赤ちゃんを抱いてて、あの子が1番なの。夜になってもギアを変えられない」と語る。そんなマーロにタリーは、昔ドリューが好きだったウェイトレスのコスプレをしてドリューが眠る寝室に向かおうと、驚きの提案を持ちかける…。

この度解禁されたのは、そのシーンを捉えたもの。洗面所でマーロが昔ドリューのために買った黄色いウェイトレスの制服を着用し悪戯な笑みを浮かべるタリーの姿とそれを呆然と見つめるマーロの姿、そしてコスプレ姿のタリーとマーロがドリューが寝ている寝室に忍び込む姿、ベッドの上に座った2人が寝ている夫・ドリューを見つめる姿の3枚の場面写真だ。

『タリーと私の秘密の時間』 (C) 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
本作でシャーリーズと共演したマッケンジーは「シャーリーズとの共演は楽しかった。有名スターだからどんな人かと思っていたら、素顔は本当に気さくで、仕事熱心な人で、いつも役に合った演技を研究しているすばらしい人だと思うわ!」と興奮気味にコメントをしており、マッケンジーの活躍に期待のもてる作品となっている。

『タリーと私の秘密の時間』は8月17日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加