今も大活躍!『ハリポタ』出身俳優の成長記

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』では、ホグワーツ魔法魔術学校や若きニュートにダンブルドアも登場し、「ハリー・ポッター」シリーズとの関連が至るところに散りばめられている様子。そこで今回は「ハリポタ」俳優の“今昔”に注目してみた。

最新ニュース コラム
『ハリー・ポッター』キャスト (C) Getty Images
『ハリー・ポッター』キャスト (C) Getty Images 全 54 枚 拡大写真
若きころのダンブルドア先生を人気俳優のジュード・ロウが演じることでも話題の『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』。7月に公開された予告映像では、あのホグワーツ魔法魔術学校はもちろん授業を受ける若きニュートも登場し、『ハリー・ポッター』シリーズとの関連が至るところに散りばめられ、ファンたちを喜ばせている。

いまや主要キャストの3人をはじめ、『ハリポタ』出身俳優たちは軒並み“アラサー”となり、それぞれの場所で活躍を続けている。今回はシリーズを機にブレイクした俳優たちも含め、『ハリポタ』俳優の“今昔”に注目した。


ダニエル・ラドクリフ/ハリー 多彩な役柄でイメージ払拭!



ダニエル・ラドクリフ (C) Getty Images
1989年7月23日、英・ロンドン生まれ。英国の大作家チャールズ・ディケンズ原作のTV映画「デビッド・コパーフィールド」('99)でコパーフィールドの少年時代を演じ、“ミネルバ・マクゴナガル”先生ことマギー・スミスとも共演して俳優デビュー。2001年、J・K・ローリングの世界的ベストセラー「ハリー・ポッター」シリーズの映画化にあたり、3,000人以上の中から主人公“ハリー・ポッター”に大抜擢、2011年の最終章『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』まで全8作で同役を演じ切った。

『ハリー・ポッターと賢者の石』TM & (C) 2001 Warner Bros. Ent. , Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R.『ハリー・ポッターと賢者の石』TM & (C) 2001 Warner Bros. Ent. , Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R
ロンドンのウエスト・エンドに続いてNY・ブロードウェイでも上演された舞台「エクウス」(2007年初演)が高い評価を得るなど、舞台での活動も積極的。同作では一糸まとわぬ姿を披露したことも大きな話題となり、“バーノンおじさん”として知られた故リチャード・グリフィスと共演した。

映画では、ダンブルドア先生の弟“アバーフォース”ことキーラン・ハインズと共演したゴシック・ホラー『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』(’12)ほか、ひと夏の青春ストーリー『ディセンバー・ボーイズ』('07)、スティーヴン・キングの息子ジョー・ヒルの長編小説を映画化した『ホーンズ 容疑者と告白の角』(’13)、詩人アレン・ギンズバーグに扮したデイン・デハーン共演作『キル・ユア・ダーリン』(’13)、ジェームズ・マカヴォイと共演した『ヴィクター・フランケンシュタイン』('15)など幅広いジャンルに挑んできたダニエル。

ダニエル・ラドクリフ&デイン・デハーン/『キル・ユア・ダーリン』(C)2013 KYD FILM LLC ALL RIGHTS RESERVED『キル・ユア・ダーリン』
ゾーイ・カザン、アダム・ドライバーら共演の『もしも君に恋したら。』(’13)では、劇場未公開なのがもったいないくらい、キュートな“草食系男子”ぶりを披露した。「科学がマジックに勝つ」と衝撃宣言した『グランド・ イリュージョン 見破られたトリック』では初めての“悪役”、ポール・ダノとの名バディぶりを披露した『スイス・アーミー・マン』では“死体役”を演じたことも。

『スイス・アーミー・マン』 (C)2016 Ironworks Productions,『スイス・アーミー・マン』
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の映画公開前には、「僕は10年間ジーンズとジップ付きジャケットだったのに、彼はあんなに素敵なコートを着ている」と、新たな主人公ニュート・スキャマンダーを務めるエディ・レッドメインに“嫉妬”していることも伝えられた。この魔法シリーズから離れてすでに8年以上たつが、“『ファンタビ』にハリーが登場する”ことを願うファンも少なくない。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 (C)2018 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』より

ルパート・グリント/ロン TVドラマ版「スナッチ」では製作総指揮も



ルパート・グリント (C) Getty Images
1988年、英・ハートフォードシャー生まれ。8月24日に30歳になったルパート。幼少から児童劇団などの舞台に立ち、ロン(ロナルド)・ウィーズリー役に選ばれたシリーズ1作目『ハリー・ポッターと賢者の石』('01)で俳優デビューする。以後、『死の秘宝』2部作までロン役を演じた。2006年、イギリスを代表する映画誌「Empire」誌よりシリーズを通じた好演が認められ、ダニエル、エマ・ワトソンとともに特別功労賞を受賞している。

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』 -(C) 2011 Warner Bros. Ent. Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R. Harry Potter characters, names and related indicia are trademarks of and  (C) Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』ワールドプレミア (C) 2011 Warner Bros. Ent. Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R. Harry Potter characters, names and related indicia are trademarks of and (C) Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
今シリーズのほかには、コメディ『サンダーパンツ』('02)ほか、“母・ウィーズリー夫人”役としてお馴染みのジュリー・ウォルターズと共演した『Driving Lessons』(原題/’06)に出演。フランス映画をリメイクした『ターゲット』('10)では、小悪魔な詐欺師(エミリー・ブラント)に恋をした殺し屋(ビル・ナイ)と偶然出会い、彼らのドタバタに巻き込まれる一般人トニー役がハマった。ビル・ナイは『死の秘宝 PART1』で新魔法大臣“ルーファス・スクリムジョール”を演じている。

ブロードウェイデビューした舞台「It's Only a Play」では、役作りとはいえ、その“激変ぶり”にファンは騒然! 人気シンガーソングライター、エド・シーランとも間違えられることもしばしば。そんなルパートも作品を選びながら映画、TV、舞台と幅広く活躍している印象で、2013年にはシャイア・ラブーフ、エヴァン・レイチェル・ウッド、マッツ・ミケルセンら豪華共演の『バレット・オブ・ラヴ』(劇場未公開)、2015年には『ファンタビ』で闇バーを経営するゴブリン“ナーラク”ことロン・パールマン共演の『ムーン・ウォーカーズ』に出演。

『ムーン・ウォーカーズ』-(C)Partizan Films- Nexus Factory - Potemkino 2015『ムーン・ウォーカーズ』
また、主演とエグゼクティブ・プロデューサーも務めるTVシリーズ「スナッチ」はガイ・リッチー監督による映画版とはまた違った世界観で描かれ、好評を博している様子だ。

「スナッチ」プレミアに駆けつけたジニー役ボニー・ライトと“兄妹”ショットが実現したことも

エマ・ワトソン/ハーマイオニー フェミニストとしても時代を牽引



エマ・ワトソン (C) Getty Images
1990年4月15日、仏・パリ生まれ、英・オックスフォードで育つ。日本でも2017年NO.1の大ヒットとなったディズニー実写版『美女と野獣』が記憶に新しいエマもまた、オーディションで『ハリー・ポッターと賢者の石』('01)のハーマイオニー・グレンジャー役を勝ち取り俳優デビュー。『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(’04)、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(’05)では米・放送映画批評家協会賞(クリティクス・チョイス・アワード)に2年連続ノミネートされ、最終章『死の秘宝』2部作('11)まで出演した。

『ハリー・ポッターと炎のTM & (c) 2005 Warner Bros. Ent. , Harry Potter Publishing Rights (c) J.K.R.ゴブレット』『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』TM & (c) 2005 Warner Bros. Ent. , Harry Potter Publishing Rights (c)J.K.R.
“バーノンおじさん”リチャード・グリフィス共演のBBCのTV映画「バレエ・シューズ」('07)に主演したほか、主に映画で活躍。新時代の青春映画の金字塔『ウォールフラワー』('12)ではエズラ・ミラー、ローガン・ラーマンと好演を見せ、セレブばかりを狙ったティーン窃盗団を基にしたソフィア・コッポラ監督『ブリングリング』('13)、ダーレン・アロノフスキー監督×ラッセル・クロウ主演作『ノア 約束の舟』(’14)、ナチス残党の秘密施設から恋人を“奪還”する『コロニア』('15)などでもイメージ払拭を狙い、女優としての成長を見せつけた。『マリリン 7日間の恋』('11)では“ニュート”ことエディ、『ハリポタ』史上最も残念な先生“ギルデロイ・ロックハート”ことケネス・ブラナーと共演。

『ウォールフラワー』 (C) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.『ウォールフラワー』
悪魔崇拝者による事件を描いたイーサン・ホークとのサスペンス『リグレッション』('15)が9月15日(土)より、ようやく日本公開に。“リーマス・ルーピン”としてお馴染みデヴィッド・シューリスと共演している。 

名門ブラウン大学を卒業し、英文学博士号を取得。近年ではフェミニスト活動家としても知られ、2015年には米タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」に選出。英世論調査会社「YouGov」が毎年実施している「世界で最も尊敬される女性ランキング」では今年、女優としては第1位のアンジェリーナ・ジョリーとともに第6位にランクイン。「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」の原作ファンで、同作100冊をパリの街に隠し回るイベントを行ったことも話題となった。

全米大ヒット中の『クレイジー・リッチ!』もチェック済み、大絶賛を贈っている

マシュー・ルイス/ネビル “キャラ変”が最も激しい!?



マシュー・ルイス (C) Getty Images
1989年6月27日、英・ヨークシャー州生まれ。ドジっ子な同級生から勇敢で友情に厚く、頼りになる仲間に成長したネビル・ロングボトムを『ハリポタ』シリーズ全8作で演じたマシュー。5歳から児童劇団に所属し、地元で行われた公開オーディションでネビル役を獲得した。2016年、「東京コミコン」の記念すべき第1回のゲストとして来日を果たしている。


BBCのTVシリーズでアフガニスタンで活躍する爆発物処理班の精鋭たち(?)を描いた戦場コメディ「ブルーストーン42 爆発物処理班」(’13~15)にレギュラー出演(Huluにて配信中)し、切り裂きジャックを追った実在の刑事をモデルにした「リッパー・ストリート」シーズン4、5にも参加。映画『世界一キライなあなたに』('16)では主人公(エミリア・クラーク)の体を鍛えることにしか目がない“彼氏”を演じており、ルックスの変動は最も激しいといえそう。

『世界一キライなあなたに』(C)2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved『世界一キライなあなたに』

Take your Slytherin paws off me, you damn dirty ape! @t22felton

Matthew Lewisさん(@mattdavelewis)がシェアした投稿 -

最近、マルフォイ(トム・フェルトン)からスリザリンに勧誘されそうに!?

トム・フェルトン/ドラコ 実力派としてTV、映画に引っ張りだこ

トム・フェルトン (C) Getty Images1987年生まれ、英・ロンドン出身。9月22日で31歳となるトムは、『ハリポタ』子役キャストの中で最もキャリアがあった1人。8歳から活躍し、『ポロワーズ/床下の小さな住人たち』('97)でデビューすると、同作の演技により『アンナと王様』('99)でジョディ・フォスターの息子役に抜擢。そして今シリーズでは主人公ハリーのライバル、ドラコ・マルフォイ役で全8作に出演して人気者に。
特に『ハリー・ポッターと謎のプリンス』、続く『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』では“ヴォルデモート卿”(レイフ・ファインズ)から重大な任務を任されたこともあり、MTVムービー・アワードのベスト・ヴィラン賞を獲得している。「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」 TM & (c) 2010 Warner Bros . Ent. , Harry Potter Publishing Rights c J.K. R.『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』 TM & (c) 2010 Warner Bros . Ent. , Harry Potter Publishing Rights c J.K. R.2011年の映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』でも悪役を演じたほか、イエス・キリスト復活のエピソードを映画化した『復活』('16)では“闇の帝王”の実弟ジョセフ・ファインズと共演。デイジー・リドリーの主演映画『Ophelia』(原題/'18)にもクライブ・オーウェンやナオミ・ワッツとともに出演した。『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 -(C) 2011 Twentieth Century Fox Film Corporation『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』ドラマ界でも大活躍しており、犯罪ミステリー「MURDER IN THE FIRST/第1級殺人」(’14)、シーズン3にレギュラー出演したDCコミックスの「THE FLASH/フラッシュ」ほか、宇宙版「LOST」ともいわれているYouTube製作の「Origin」(原題/'18)は、『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督が2話までのメガホンをとり、“ニンファドーラ・トンクス”ことナタリア・テナと共演するなど期待を集める主演作。

@origin_series #leaveearth

Tom Feltonさん(@t22felton)がシェアした投稿 -

また、東日本大震災でのサポートなど親日家としても知られ、インスタグラムを小まめにアップしてくれるトム。『ハリポタ』の劇中とは打って変わって(?)ファン思いなところも人気の要因だ。

School mates #hogwartsalumni

Tom Feltonさん(@t22felton)がシェアした投稿 -

ロバート・パティンソン/セドリック クセのある役柄を好みがち

ロバート・パティンソン (C) Getty Images1986年5月13日生まれ、英・ロンドン出身。15歳のときからアマチュア劇団「バーンズ・シアター・グループ」の一員として舞台で活躍をはじめ、TV映画「ニーベルングの指輪」でプロデビュー。19歳のとき、第4作目『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』で三大魔法学校対抗試合のホグワーツの“正式な”代表選手として選ばれるナイスガイ、セドリック・ディゴリー役に抜擢された。その後、ベストセラーヤングアダルト小説を映画化した『トワイライト』シリーズ(’08~'12)の主人公エドワード・カレン役で世界的にファンを獲得。主要キャストを除く『ハリポタ』出身者の中で最もブレイクした1人だが、彼もダニエルたちと同様、役柄につきまとうイメージやパパラッチとのバトルに苦しむことに。クリステン・スチュワートとの交際の後、FKAツイッグスと交際したが2017年に破局、婚約も破棄した。『ハリー・ポッター』シリーズとはまた違った一面に注目!『トワイライト~初恋~』のPRで来日した2009年の映画『天才画家ダリ 愛と激情の青春』でダリを演じたほか、近年は『コズモポリス』(’12)や『マップ・トゥ・ザ・スターズ』(’14)で鬼才監督デヴィッド・クローネンバーグとタッグ、2015年の『ディーン、君がいた瞬間』ではジェームズ・ディーンを撮った実在のカメラマン、デニス・ストックに、同じく『アラビアの女王 愛と宿命の日々』では『アラビアのロレンス』のモデルになったロレンス中佐に扮した。2017年・第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出された『グッド・タイム 』は、『神様なんかくそくらえ』のジョシュア・サフディ&ベニー・サフディ兄弟監督作で、ベニー監督と兄弟役を演じて米インディペンデント・スピリット・アワード主演男優賞にノミートされるなど絶賛された。『グッド・タイム』(C)2017 Hercules Film Investments, SARLカンヌなどで絶賛された『グッド・タイム』

ドーナル・グリーソン/ビル ラブコメから『SW』シリーズまで大活躍

ドーナル・グリーソン (C) Getty Images7人兄妹の“ウィーズリー家”でハンサムで長身、ロンの一番上の兄ビル・ウィーズリーとして、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1/PART2』に出演したドーナルについても触れておきたい。1983年5月12日生まれ、アイルランド/ダブリン出身。実父ブレンダン・グリーソンは“アラスター・ムーディ”として知られ、親子共演も実現している。その父親に憧れて俳優を志したそうで、2001年にBBCのTVドラマに初出演。彼もまた若手実力派として活躍しており、映画『わたしを離さないで』『トゥルー・グリット』(ともに’10)、『アンナ・カレーニナ』(’12)などに出演し、2013年のリチャード・カーティス監督『アバウト・タイム 愛おしい時間について』ではタイムスリップする主人公ティムを好演、『FRANK-フランク- 』(’14)では主演を務めた。舞台俳優としてもトニー賞にノミネートされた経験があり、その一方で短編映画を監督したり、アイルランドのTVドラマの脚本も担当したりと何気に多才。ドーナル・グリーソン&ビル・ナイ-(C) Getty Imagesビル・ナイと親子を演じた『アバウト・タイム』そして、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』から始まったディズニーの「SW」シリーズではハックス将軍に抜擢される。その2015年は、いわば“ドーナル”イヤーで、レオナルド・ディカプリオのアカデミー賞受賞作『レヴェナント:蘇えりし者』、アリシア・ヴィキャンデル主演の同・視覚効果賞受賞作『エクス・マキナ』、シアーシャ・ローナンが同・主演女優賞にノミネートされた『ブルックリン』に出演する大躍進。日本でも広く知られるようになる。『ブルックリン』 (C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.『ブルックリン』さらに、トム・クルーズ主演『バリー・シール/アメリカをはめた男』や、ジェニファー・ローレンスの衝撃作『マザー!』 (ともに’17)にも出演。そのバトルぶりが話題となった『ピーターラビット』、Netflixオリジナル『意表をつくアホらしい作戦』(ともに'18)などコメディもいける芸の広さで、引く手あまた。もちろん『スター・ウォーズ エピソード9』にも出演する。『ピーターラビット』『ピーターラビット』現在も多忙な彼らが『ファンタビ』シリーズに登場することは時系列的にもまずないだろうが、最新作公開を機に今シリーズをまたイッキ見したくなりそうだ。

《text:Reiko Uehara》

この記事の写真

/

特集

友だち追加