『ファンタビ』最新作、公開日・キャスト・レビュー 【11月13日更新】

世界約900億円の興行収入をたたき出し、日本でも73.5億円の大ヒットとなって“ファンタビ”現象を巻き起こした「ハリー・ポッター」魔法シリーズの最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の公開日、あらすじ、キャスト、レビューを総ざらい!

最新ニュース コラム
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 (C)2018 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 (C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R. 全 29 枚 拡大写真
世界約900億円の興行収入をたたき出し、日本でも73.5億円の大ヒットとなって“ファンタビ”現象を巻き起こした「ハリー・ポッター」魔法シリーズの最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の公開日、あらすじ、キャスト、レビューを総ざらい!

【11月13日更新】新映像:ダンブルドア先生に関する特別映像
【11月12日更新】ネタバレ我慢!『ファンタビ』レビュー
【11月12日更新】新映像:J・K・ローリングが語る特別映像
【11月2日更新】吹き替え声優は?
【11月1日更新】最新映像(本予告)
【10月1日更新】ストーリーに迫る最新映像
【10月1日更新】キャスト紹介
【10月1日更新】公開日は?
【10月1日更新】あらすじ


■あらすじ


本シリーズは、J.K.ローリングが生み出した「ハリー・ポッター」シリーズと同じ世界観で、ハリー・ポッターが生まれる前の物語として、魔法生物学者の魔法使いニュート・スキャマンダーを主人公にした新たな冒険の旅が描かれる。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』


シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートに、最強の敵が登場! ある日、ニュートは魔法界と人間界を脅かす「黒い魔法使い」グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。ホグワーツの恩師ダンブルドア先生から彼を追うことを託されたニュートは、仲間や魔法動物たちとともにパリへ向かう。パリではグリンデルバルドが言葉巧みに賛同者を増やし、勢力を広げていた。そしてその手はついに仲間たちにまで…。果たしてニュートと仲間たちはこの最大の危機から世界を救えるのか!?

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(C)2018 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.

前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は?


魔法使いニュート・スキャマンダーは、動物といる方が気が楽な魔法動物学者。魔法界にとっても謎の多い魔法動物たちは、時に魔法使いたちからも恐れられ、駆除されそうにもなってきた。そんな動物たちを保護するために、ニュートは不思議なトランクの中を魔法動物でイッパイにしてニューヨークを訪れる。ある日、ひょんなことがきっかけで、大切にしている魔法のトランクを人間(マグル=米国ではノーマジ)のものと取り違えられてしまう! 魔法界の魔法動物たちが一斉に人間の世界へ逃げ出し、街中が前代未聞のパニックに。仲間になったティナとクイニー、そして人間のジェイコブとともに魔法動物を追跡。やがて彼らは人間界と魔法界をまたにかけた、ある大事件に巻き込まれていく…。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(C) 2016 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.  Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.(C) 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.

◆最新映像(本予告)



■『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公開日は?


2018年11月23日(金・祝)

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 (C)2018 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.

■脚本・監督は?


脚本はJ・K・ローリング


前作に引き続き、「ハリー・ポッター」シリーズ著者のJ・K・ローリングが脚本を執筆。また今年6月には、すでに続く第3弾の脚本に着手していることを自身の公式サイトで伝えていた。

J・K・ローリング-(C) Getty Images(C) Getty Images

『ファンタビ』続編の監督を務めるのは?


本作の監督は、デヴィッド・イェーツ。『ハリー・ポッター』シリーズの最終4作品のメガホンをとり、今シリーズ第1弾に続き本作でも監督を務めた。

デヴィッド・イェーツ-(C)Getty Images(C)Getty Images

■続投キャストたち


ニュート・スキャマンダー/エディ・レッドメイン


『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(C)2018 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
本作の主人公。ホグワーツ魔法魔術学校の卒業生であるニュートは、シャイでおっちょこちょいな愛すべき魔法動物学者。魔法動物を守るため、世界中を旅する。そしていつも中が無限に広がる不思議なトランクを持ち歩いている。なお彼は、ハリーたちが学校の授業で使っていた教科書「幻の動物とその生息地」を編纂した人物でもあるのだ。

ティナ・ゴールドスタイン/キャサリン・ウォーターストン


『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(C)2018 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
前作で出会ったニュートの仲間で、米国魔法省に所属する正義感の強い魔法使い。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(C)2018 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.

ジェイコブ・コワルスキー/ダン・フォグラー


『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(C)2018 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
魔法を見てしまった、陽気で憎めない魔法が使えない普通の“人間”(マグル)。

クイニー/アリソン・スドル


『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(C)2018 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
ティナの妹。人の心が読める魔法使い。

グリンデルバルド/ジョニー・デップ


『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(C)2018 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
本作の物語の鍵を握る人物のひとりで、魔法界と人間を支配しようとする史上最強にして最悪の“黒い魔法使い”。

クリーデンス・ベアボーン/エズラ・ミラー


『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(C)2018 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
謎に包まれた魔法使いで、どうやら巨大な力を秘めているらしい…?

■気になる新キャストは?


アルバス・ダンブルドア/ジュード・ロウ


『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(C)2018 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
ホグワーツ魔法魔術学校のニュートの恩師。『ハリー・ポッター』ではシリーズを通して屈指の人気キャラクターであったダンブルドアが、若き日の姿で登場する。


リタ・レストレンジ/ゾーイ・クラヴィッツ


ゾーイ・クラヴィッツ-(C)Getty Images(C)Getty Images
前作では写真のみで登場していた主人公ニュートの元恋人で、純血の美しい魔法使い。秘密と複雑な過去を抱えている。

テセウス・スキャマンダー/カラム・ターナー


カラム・ターナー-(C)Getty Images(C)Getty Images
ニュートの兄で戦争の英雄として知られる闇祓い。

マレディクタス/クラウディア・キム


動物に変身してしまう“血の呪い”を意味するマレディクタス。「ハリー・ポッター」シリーズに登場するハリーの宿敵・ヴォルデモートのペットかつ分霊箱であった大蛇“ナギニ”なのではないかと予想されるが…。

ニコラス・フラメル/ブロンティス・ホドロフスキー


『ハリー・ポッターと賢者の石』に登場し、あの“賢者の石”を作りだした錬金術師。

■吹き替え版でも観たい! 気になる声優は…


ニュート・スキャマンダー/宮野真守


宮野真守/『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』応援上映前作に引き続き、“声優界のプリンス”宮野真守が担当。数々の人気アニメでメインキャストを務めるほか、イルミネーション作品の吹き替えキャストとしても常連の宮野さん。ちなみに、『ハリー・ポッター』シリーズでは、パーシー・ウィーズリーの声を担当していた。

ティナ・ゴールドスタイン/伊藤静


宮野真守&伊藤静/『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』応援上映写真右・伊藤静ティナ役も前作と変わらず、「ハヤテのごとく!」「美少女戦士セーラームーンCrystal」の伊藤静が担当。

ジェイコブ・コワルスキー/間宮康弘


「ツキウタ。 THE ANIMATION」「D.Gray-man HALLOW」などのアニメ作品や、「CSI:ニューヨーク」「BONES」などにも吹き替えで参加していた間宮康弘が、前作から続投。

クイニー/遠藤綾


「らき☆すた」「マクロスF」「妖怪ウォッチ」「しろくまカフェ」「おそ松さん」など、様々な代表作を持つ遠藤綾。遠藤さんも前作から続投となる。

グリンデルバルド/平田広明


『10人の泥棒たち』初日舞台挨拶(平田広明)ジョニー・デップの吹き替えといえばこの方! 『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズはもちろん、『ダーク・シャドウ』『オリエント急行殺人事件』など長きにわたりジョニーの吹き替えを務めてきた平田広明。前作ではカメオ出演での登場だったが、今作では本格的に登場。アニメ「ONE PIECE」のサンジ役でも知られる。

クリーデンス・ベアボーン/武藤正史


そしてこちらも前作から続投の武藤正史。『ソーシャル・ネットワーク』など、ジェシー・アイゼンバーグの吹き替えを多く担当している。

アルバス・ダンブルドア/森川智之


森川智之/『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』イベント
今作から初登場するダンブルドア先生は、トム・クルーズの吹き替えでお馴染みの森川智之が担当。『シャーロック・ホームズ』シリーズなどではジュード・ロウの吹き替えも行っている。

リタ・レストレンジ/森なな子


前作では写真のみで登場していたリタは、森なな子が担当。宝塚歌劇団で男役として活躍していた森さんは、「プリキュアシリーズ」の通算14作目「キラキラ☆プリキュアアラモード」で剣城あきら/キュアショコラ役に抜擢、『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』『バーフバリ』シリーズなど吹き替えも多く担当している。

テセウス・スキャマンダー/江口拓也


「東のエデン」「妖狐×僕SS」「黒子のバスケ」など人気TVアニメに出演する江口拓也。弟・ニュート役の宮野さんとは、「妖狐×僕SS」でパートナーを演じていたことも。

ナギニ/大地葉


「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」「ゼロから始める魔法の書」「僕だけがいない街」「ピアノの森」などに出演する大地葉。実写作品のメインキャラクター吹き替えは今作が初となる。


■ストーリーに迫る映像まとめ


初映像! 若き日のダンブルドア先生も…予告編【3月13日公開】




3分超えのコミコン予告【7月21日公開】




キャストコメントも収録! メイキング映像【9月12日公開】




マレディクタスの正体は? 新魔法動物も…【9月25日公開】




★NEW

新しい魔法動物に注目! 特別映像(魔法動物編)【11月7日公開】




★NEW

謎の存在クリーデンスについて―― 特別映像(アドベンチャー編)【11月7日公開】




★NEW

ダンブルドア先生の“過去”が明らかに…!? ジョニデも証言する特別映像【11月13日公開】




★NEW

■ネタバレ我慢!映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』レビュー


「この先、どうなっちゃうの?」衝撃的で胸を打つクライマックス:ライター内田涼


前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』で、主人公のニュート・スキャマンダーをはじめ、登場するキャラクターや彼らを取り巻く環境、そして愛くるしい魔法動物たちの活躍が丁寧に描かれたおかげで、続く本作は冒頭からいきなりフルスロットル!

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 (C)2018 WBEI Publishing Rights (C) J.K.R.(C) 2018 Warner Bros. Ent.  All Rights ReservedHarry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) J.K. Rowling
それぞれのエピソードが有機的に絡み合い、気づけば壮大な1枚の絵画が完成している。見終わって「次が楽しみ」と純粋に心が躍った前作とは対照的に、今回は「この先、どうなっちゃうの?」という不安や恐怖に襲われてしまった。それほど衝撃的で、胸を打つクライマックスだ。ネタバレと言う黒い魔法を封印するためにも、公開初日に見るべきだ。

>>レビューの続きはこちらから

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加