山田裕貴&齋藤飛鳥共演で台湾の大ヒット作品をリメイク!『あの頃、君を追いかけた』の舞台裏

台湾で200万人を動員し大ヒットを記録、日本でも2013年に公開されたキデンズ・コー監督作『あの頃、君を追いかけた』が、舞台を日本にリメイクされる。主演に山田裕貴、ヒロインには「乃木坂46」齋藤飛鳥を迎えて作られた本作は、オリジナルの魅力をどのように描いたのか?

映画 邦画ニュース
『あの頃、君を追いかけた』(C)『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ
『あの頃、君を追いかけた』(C)『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ 全 18 枚 拡大写真
台湾で200万人を動員し大ヒットを記録、日本でも2013年に公開されたキデンズ・コー監督作『あの頃、君を追いかけた』が、舞台を日本にリメイクされる。主演に山田裕貴、ヒロインには「乃木坂46」齋藤飛鳥を迎えて作られた本作は、オリジナルの魅力をどのように描いたのか?

■ストーリー


『あの頃、君を追いかけた』(C)『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ
水島浩介は、クラスメイトの仲間たちとお気楽な高校生活を過ごしていた。浩介の悪ふざけに激怒した教師が、優等生・早瀬真愛を浩介のお目付け役に任命する。真面目な真愛を疎ましく思う反面、胸がざわつき始める浩介。彼らにとって、彼女は中学時代からの憧れだったのだ。やがて、あることがきっかけで2人の距離は一気に縮まっていく…。

■オリジナルは台湾で社会現象になったほどの人気作


『あの頃、君を追いかけた』(C)『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ
台湾の人気作家ギデンズ・コーが自伝的小説を自ら映画化したオリジナル作品は、2011年の台北映画祭で上映され、ほぼ無名のキャストながら台湾で社会現象を巻き起こす大ヒットとなった。台湾の青春映画として歴代1位の興行収入を収め、香港ではチャウ・シンチーの『カンフー・ハッスル』の記録を塗り替えて中国語映画の歴代興収ナンバーワンを記録するなど、異例の快挙も成し遂げている。

そんな本作を、今回脚本家として『ホワイトアウト』『亡国のイージス』『聯合艦隊司令長官山本五十六』など数多くの映画作品を生み出してきた長谷川康夫がメガホンをとり、舞台を日本に移し、時代も1994年から2000年代に置き換え、同じ様におかしくて、切なくて、ほろ苦い、誰もが通り過ぎた“あの頃”を描く珠玉のラブストーリーとして新たに生まれ変わる。

■日本版のキャストも負けていない!みずみずしい若手キャストが勢揃い



山田裕貴/水島浩介役


山田裕貴
主演を務めるのは、『闇金ドッグス』や『HiGH&LOW』シリーズ、近年では『万引き家族』にも出演するなど、多くの映画やドラマに引っ張りだこの山田さん。山田さんはお調子者で人気者、幼稚でいて男らしさを併せ持つ水島浩介を演じ、「台湾版の映画を拝見したときに、飾っていない、ありのままの高校生が自分たちなりに一生懸命生きている世界観が本当に素晴らしいなと感じて、久々に泣いてしまいました。そんな自分の心が揺さぶられた作品をやらせて頂くので、プレッシャーも感じていますが、あの感動を自分もしっかり届けたい、壊したくないなと強く思うようになりました」と本作への意気込みを語った。

齋藤飛鳥/早瀬真愛役


齋藤飛鳥(C)細居幸次郎
ヒロインには、「乃木坂46」ではセンターも務め、舞台「あさひなぐ」で主演を務めた齋藤さん。皆が憧れるがちょいとお堅い“昭和な女”なヒロインを演じる。齋藤さんは、「初めての映画出演でヒロイン役をやることになるとは思ってもいなかったので、とても不安です」と心境を明かし、「主要7名すべての役に愛おしいところがあるので、それが伝わるといいなと思います。精一杯頑張りますので、どうか温かく見守ってくださるよう、心よりお願い致します」と呼びかけている。

さらにブレイクする俳優もいるかも!脇を固めるキャストにも注目!


『あの頃、君を追いかけた』(C)『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ
また2人のほかにも、連続テレビ小説「ひよっこ」や、ドラマ「この世界の片隅に」に出演した松本穂香、初出演となった映画『怒り』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した佐久本宝、「動物戦隊ジュウオウジャー」の國島直希、「MEN’S NON-NO」専属モデルであり、映画『君の膵臓をたべたい』にも出演した中田圭祐、そして若手芸人・遊佐亮介と、フレッシュな若者たちの出演にも注目したい。

■ウェブ限定予告ではオリジナルのオマージュのあのダンスが!



ウェブ限定で公開されている予告編では、1974年の全米・全英チャートでそれぞれ1位になった、ジャマイカ出身の歌手カール・ダグラスの「カンフー・ファイティング」(邦題:「吼えろ! ドラゴン」」)の音楽に合わせ、水島浩介役の山田さんをはじめ、大野陽平役の佐久本さん、秋山寿音役の中田さん、杉村一樹役の遊佐さんの4人が、コミカルなダンスをするシーンが登場。

撮影開始時に山田さんは「全力でバカをやります」と宣言しており、彼の思いが伝わってくるようだ。このカンフーシーンは、台湾版でも重要なポイントになっているため、そんなオリジナル版へのオマージュを想起させる仕上がりになっている。

■“松本穂香×猫”に癒されるメイキング動画をチェック!



山田さん演じる浩介の幼なじみ、詩子役を演じる松本さんの貴重かつキュートなメイキング動画も公開されており、真愛(齋藤さん)の親友でもあり、猫を愛して止まない役柄だ。

映像では、子猫が可愛すぎて離すことが出来ない松本さんの姿が収められており、可愛らしい2ショットに思わず癒されてしまう。その猫の可愛さには山田さんもメロメロの様子で、カメラを構えたり、「にゃー」と猫の声マネをする様子も。大ヒット映画のドラマ「この世界の片隅に」で演じた主人公・すずとはまた違った可愛さに注目してほしい。

■あの海でのシーンは見かけによらずハードだった?



本編でも印象的である海でのシーンを収めた撮影の様子では、山田さん、齋藤さんらのクラスメイトが、卒業前の想いで作りのため海に行くシーンで、まさに“青春の1コマ”を想起させる風景となっている。

しかし、撮影が行われたのは2017年10月。海に入るには寒い時期だったこともあり、撮影後のコメントでキャストたちは口々に「寒い、寒い」と叫んでおり、なかなかハードな撮影だった様子が伺える。

山田さんは「寒かったけど、青春だった」と話し、当時の撮影を楽しんだキャスト同士の仲の良さが伝ってくる。動画の最後に山田さんは、演じた浩介のセリフ「凄い人間になりたい、俺がいると世界が少しだけ変わる様な人間」は、自身の野望でもあるということも明かしている。

■山田さんが坊主頭に!最初にバリカンを握ったのはあの人!



山田さんが役作りのために“坊主になった瞬間”のメイキング映像では、記念すべき“ファーストバリカン”を齋藤さんが行う一面が。その後、松本さん、中田さん、國島さん、佐久本さん、遊佐さんとリレー形式でキャストが続き、まるで高校球児を想起させるかのような山田さんの坊主姿が無事に完成した。

山田さんは坊主に挑戦した理由について、「作品の中で重要な部分だなって思ってて、じゃあ、坊主やっちゃいますかって言って本当にやりました」と答えており、さらに、「髪を刈って“気持ちよ、伝われ”なんて簡単に思ってる訳じゃないですが、少しでもいい作品になればとそういう想いです」と、本作にかける熱い意気込みを語っている。

『あの頃、君を追いかけた』全国にて公開中。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加