実写版『キングダム』あらすじ・キャスト・公開日【10月9日更新】

累計発行部数3,600万部超えを記録した原泰久の中華歴史漫画「キングダム」の実写映画化作品において、あらすじや公開日、キャストを総ざらい!

最新ニュース コラム
『キングダム』ポスター(文字あり)
『キングダム』ポスター(文字あり) 全 28 枚 拡大写真
累計発行部数3,600万部超えを記録した原泰久の中華歴史漫画「キングダム」の実写映画化作品において、あらすじや公開日、キャストを総ざらい!




■あらすじ


紀元前245年、春秋戦国時代、中華・西方の国「秦」。戦災孤児の少年・信と漂はいつか天下の大将軍になることを夢見て日々剣術の鍛錬を積んでいた。ある日、漂は王都の大臣である昌文君によって召し上げられ王宮へ。

王宮では王の弟・成きょうによるクーデターが勃発。戦いの最中、漂は致命傷を負うが、何とか信のいる納屋にたどり着く。「お前に頼みたいことがある」血まみれの手に握られていたのは、ある丘に建つ小屋を示す地図だった。「いますぐそこに行け! お前が羽ばたけば、俺もそこにいる…。信! 俺を天下に連れて行ってくれ…」そう言って力尽きる漂。漂が手にしていた剣とその地図を握りしめ、信は走り出した。


■原作情報


原作「キングダム」は、紀元前の古代中国、春秋戦国時代の秦国が舞台。身寄りのない戦争孤児の少年・信が、後の始皇帝となるえい政と運命の出会いを果たし、「天下の大将軍」という夢を胸に戦場に繰り出してゆく歴史大河漫画。

原泰久「キングダム」(C)原泰久/集英社原泰久著「キングダム」第50巻(C)原泰久/集英社
2006年、「週刊ヤングジャンプ」(集英社)9号より週刊連載開始した本作は、現在までに単行本51巻まで刊行され、累計発行部数は3,600万部を突破(2018年10月現在)。また、2013年には第17回手塚治虫文化賞においてマンガ大賞を受賞。若者のみならず30~40代の幅広い年齢層から絶大な支持を得ている。


■公開日は?


2019年4月19日(金)より全国東宝系にて


■壮大なスケールで描く本編映像が公開






■監督は?


本作の監督は、『GANTZ』『図書館戦争』シリーズや、『デスノート Light up the NEW world』『いぬやしき』『BLEACH』などを手掛けた佐藤信介

佐藤信介

■登場キャラクターと演じる俳優たち


信/山崎賢人


本作の主人公・信は戦争で身寄りをなくした孤児ながら、幼なじみで親友の漂とともに武功を上げて「天下の大将軍になる」ことを夢見る。漂の王宮行きをきっかけに秦王・えい政と出会う。

山崎賢人 実写版『キングダム』製作報告会見

えい政・漂/吉沢亮


えい政/秦国の若き王。後の始皇帝。腹違いの弟・成きょうが起こした反乱により王宮に追われる身に。その胸の内には、「中華統一」という熱き情熱を秘めている。

漂/えい政の影武者となった信の幼なじみで親友。

吉沢亮 実写版『キングダム』製作報告会見

楊端和/長澤まさみ


山の民を武力で束ねた美しき山界の王。信の敵なのか、味方なのか…その存在は謎に秘められている。

長澤まさみ 実写版『キングダム』製作報告会見

河了貂/橋本環奈


鳥を模した不思議な蓑を被った、山民族の末えい。金目当てに信・えい政と行動を共にする。

橋本環奈 実写版『キングダム』製作報告会見

王騎/大沢たかお


秦の六大将軍のひとり。王宮内の権勢争いには全く興味を示さず、血が沸き立つような戦場のみを求める得体の知れない人物。

大沢たかお 実写版『キングダム』製作報告会見

成きょう/本郷奏多


えい政の異母兄弟。実母が王族の血を引いている自分こそが純血であり、王にふさわしいと考え反乱を起こす。

本郷奏多 実写版『キングダム』製作報告会見

壁/満島真之介


昌文君の副官であり、えい政に忠義に尽くす武将。

満島真之介 実写版『キングダム』製作報告会見

昌文君/高嶋政宏


えい政に忠義に尽くす第一の側近。王宮を追われるえい政の替え玉として漂を王宮へ連れていく。

高嶋政宏 実写版『キングダム』製作報告会見

騰/要潤


王騎の副官であり、常に傍らに控え忠義を尽くす武将。

要潤 実写版『キングダム』製作報告会見

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加