錦戸亮・岡田准一・長瀬智也・木村拓哉…11月生まれジャニーズは演技派揃い

くしくも11月生まれのジャニーズたちは、俳優としても一目置かれる実力派が勢揃い。特に2018年はそれぞれが新たな代表作を得て、スクリーンでこそ、いっそう映える存在であることを改めて実証している。

最新ニュース コラム
『無限の住人』(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
『無限の住人』(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会 全 34 枚 拡大写真
トップアイドルやミュージシャンとして華やかなスポットライトを浴びながら、いざ“俳優”の顔になれば、まるで異なる表情を見せ、その底力を感じさせるーー。くしくも11月生まれのジャニーズたちは、そんな俳優としても一目置かれる実力派が勢揃い。特に2018年はそれぞれが新たな代表作を得て、スクリーンでこそ、いっそう映える存在であることを改めて実証している。


錦戸亮:『羊の木』に大河「西郷どん」、1月からは“科捜研の男”


まず、1984年生まれ、11月3日に34歳の誕生日を迎えたばかりの「関ジャニ∞」錦戸亮。連続テレビ小説「てるてる家族」やドラマ版「1リットルの涙」で注目を浴び、「ラスト・フレンズ」では一見、優男だが、長澤まさみ演じる主人公にDVをふるう恋人役を怪演した。「流星の絆」「ごめんね青春!」などヒットドラマへの出演も多く、映画では2010年、現代にタイムスリップしてきたサムライを演じた映画初主演作『ちょんまげぷりん』が小規模公開ながら高い評価を得る。


(C)2014映画「抱きしめたい」製作委員会2014年・映画『抱きしめたい』より
「関ジャニ∞」メンバーと『エイトレンジャー』『エイトレンジャー2』に出演したほか、『県庁おもてなし課』『抱きしめたい -真実の物語-』とコンスタントに出演。そして4年ぶりの単独主演作として選んだのは、山上たつひこ×いがらしみきおがタッグを組んだ原作漫画を、『紙の月』『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督が映画化した『羊の木』(ブルーレイ&DVD発売中)だ。

『羊の木』(C)2018『羊の木』製作委員会 (C)山上たつひこ、いがらしみきお/講談社2018年・映画『羊の木』より
現代社会の問題を浮き彫りにさせつつ、ユーモアと緊迫感が両立する問題作にあって、松田龍平、北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯といった強烈な個性を放つクセ者たちを相手に、ごく普通の公務員として彼らに翻弄され続ける、“受け”の芝居をひたすら披露。どんな役柄も自然に見せられるニュートラルな魅力が存分に発揮された。本作の映画公益社団法人 日本外国特派員協会での記者会見の模様は、ジャニーズ事務所ネット解禁の第1号ともなった。

初出演した大河ドラマ「西郷どん」では、“新政府”の時代になり、海外経験を経てひと回り成長した西郷従道(信吾)役を好演中で、存在感を発揮している。2019年1月期には、元科捜研の古賀慶・原作による「トレース~科捜研法医研究員の追想~」で主演を務めることが発表されたばかり。「冷たく見えて実は熱い」というキャラクターもまた、錦戸さんにハマるのではないだろうか。


長瀬智也:40代手前で出会った『空飛ぶタイヤ』で硬派な熱演


11月7日は「TOKIO」長瀬智也の誕生日、1978年生まれの彼は今年40歳を迎える。少年のあどけなさが残る初主演の青春ドラマ「白線流し」(96)は、その後も主人公たちの20歳や25歳などの節目でスペシャルドラマが第5弾までつくられ、人気シリーズとなった。

現在もカルト的人気を誇る「池袋ウエストゲートパーク」や、“抱かれたい男NO.1”のシンガーソングライター・桜庭裕一郎を演じた「ムコ殿」、岡田准一と共演した「タイガー&ドラゴン」、新垣結衣のブレイク作でもある「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」などを代表作としてあげる人も多いだろう。「ムコ殿」では“桜庭裕一郎”として写真集を発売したり、握手会を行ったり、劇中歌「ひとりぼっちのハブラシ」などもリリースされた。続編やスペシャルドラマなどで長く愛される作品が多いことも、彼の特徴だ。


『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』(C)2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation2016年・映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』より
「池袋ウエストゲートパーク」「タイガー&ドラゴン」でタッグを組んできた人気脚本家・宮藤官九郎とのつながりも深く、宮藤さんの映画監督デビュー作『真夜中の弥次さん喜多さん』や、11年ぶりのタッグとなった『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』では主演を務めた。地獄の高校の軽音部顧問で、ロックバンドのギタリストの“赤鬼”を演じられるのは、もはや彼しかいないだろう! かと思えば、CMではランドセルと半ズボン姿の小学生に扮することもでき、コメディからシリアスまで幅広くこなせることも強みだ。

そして、「下町ロケット」「陸王」で知られる池井戸潤作品初の映画化として、この夏大ヒットした『空飛ぶタイヤ』が2019年1月9日(水)よりリリースされる。同作での赤松役からは、「TOKIO」のやんちゃな末っ子らしさは微塵も感じられない。被害者への贖罪や大企業への憤怒を抱えながら、「俺が闘わなくて誰が闘う!」と果敢に立ち向かう熱血漢ぶりは実に頼もしい。作業着姿のみならず、ディーン・フジオカらと並んだスーツ姿の大人の色気にときめいた人も多いはず。

『空飛ぶタイヤ』(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会2018年・映画『空飛ぶタイヤ』より

岡田准一:美しい時代劇『散り椿』から一転、『来る』で新境地か


11月18日には、1980年生まれの「V6」岡田准一が38歳に。「V6」としては11月1日にデビュー23周年を迎えている。長瀬さんと共演した「D×D」などを経て、宮藤さんが脚本を務めた2002年のドラマ「木更津キャッツアイ」の“ぶっさん”役で、俳優としてもブレイク。その劇場版『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』で映画単独初主演、続編となる『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』、さらに長瀬さんと再タッグとなった「タイガー&ドラゴン」と、彼もまた“クドカンワールド”で輝きを見せた。

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』メイン2006年・映画『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』より
その後の代表作となるのは、『SP』シリーズの井上薫や『図書館戦争』シリーズの堂上篤といえるが、その一方で『花よりもなほ』(是枝裕和監督)や、『おと・な・り』(熊澤尚人監督)、『天地明察』(滝田洋二郎監督)、さらには大河ドラマ「軍師官兵衛」など、硬軟交えた作品への抜擢で演技を磨いていく。

『永遠の0』 -(C) 2013「永遠の0」製作委員会2013年・映画『永遠の0』より
第38回日本アカデミー賞においては『永遠の0』で最優秀主演男優賞、『蜩ノ記』で最優秀助演男優賞をW受賞する快挙。日本映画界を代表する名カメラマンである木村大作と『追憶』後に再び組んだ『散り椿』では、1人の女性を愛し続ける男の哀愁を全身で体現したほか、剣豪役として殺陣を自ら担当。『SP』以来、体得したフィリピン武術「カリ」やブルース・リー発祥の「ジークンドー」などの影響を汲んだ、ある意味、斬新ともいえる殺陣には“ネクストレベル”との声もあがっている。

『散り椿』に出演するキャスト陣2018年・映画『散り椿』の豪華共演陣
ところが一転! 12月7日(金)公開『来る』では、珍しく現代に生きるキャラクターで、派手なシャツにひげをたくわえ、ネタになれば何でも取り上げるようなオカルトライターという役まわり。『告白』『渇き。』などの鬼才・中島哲也監督によるホラーで、黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡らが豪華共演。これはまた、新たな岡田さんの一面を見ることができそうで、期待が高まる。


木村拓哉:ヒーロー検事のイメージ一新!『検察側の罪人』から『マスカレード・ホテル』へ


そして忘れてならないのが、1972年生まれ、11月13日に46歳の誕生日を迎える木村拓哉だ。これまで、片想いするメガネ男子の「あすなろ白書」から、「若者のすべて」「ロングバケーション」「ラブジェネレーション」「GOOD LUCK !!」など、数々の伝説的ドラマで多彩な役柄をこなし、役者としての地位を確立。根強い人気からTVスペシャルになり、劇場版も公開された「HERO」(01)は言わずと知れた代表作で、2014年には第2期がスタートし、翌年の劇場版も大ヒットした。

木村拓哉が感謝…「かけがえのない存在」/映画『HERO』-(C)2015フジテレビジョン ジェイ・ドリーム 東宝 FNS27社2015年・映画『HERO』より
「HERO」の規格外の検事を見て法曹界を目指す人が増え、「Beautiful Life ~ふたりでいた日々~」ではカリスマ美容師ブームに拍車をかけるなど、彼が演じた職業は一躍、注目の的となる。その一方、『2046』ではウォン・カーウァイ、『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』ではトラン・アン・ユンと、アジアルーツの国際派監督とタッグを組んだことも。また、山田洋次監督の『武士の一分』では盲目の武士役を務めて、殺陣も披露。三池崇史監督『無限の住人』のあまのじゃくで武骨な“不死身のサムライ”はハマり役といわれ、クライマックスの殺陣も話題となった。

『無限の住人』(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会2017年・映画『無限の住人』より
そんな木村さんが今年、再び検事役に挑んだのが、『関ヶ原』の原田眞人監督による『検察側の罪人』。容疑者として浮上した男を、自らの正義感からあらゆる手段で追い詰めていくエリート検事は、「HERO」の久利生公平とは全く異なる姿であり、年齢を重ねたことで渋さや脆さが増し、スクリーンでより映える存在となった。初共演で“対立”する関係となった二宮和也とともに、“これまでに目にしたことのない2人がいる”といわれた。

『検察側の罪人』キャスト陣2018年・映画『検察側の罪人』の豪華共演陣
さらに1月18日(金)公開『マスカレード・ホテル』では、高級ホテルの接客のプロ・長澤さんとの初共演での“対立”が見もの。東野圭吾が生み出した「ガリレオ」の湯川学、「新参者」の加賀恭一郎に続く、“新HERO”潜入捜査官・新田浩介を演じる。長澤さん演じる山岸尚美から、たびたび「お客じゃなくてお客様」と注意されながらも、「はい、はい」と苦笑してみせる姿からは木村さんの人間味が伺える。今冬も映画俳優としての“木村拓哉”をスクリーンで楽しめそうだ。

《text:Reiko Uehara》

この記事の写真

/

特集

友だち追加