“長男”櫻井孝宏「これがおそ松だ」『えいがのおそ松さん』アフレコレポ

TVアニメ「おそ松さん」の完全新作劇場版『えいがのおそ松さん』のアフレコレポートが到着した。

最新ニュース レポート
劇場版『えいがのおそ松さん』(C) 赤塚不二夫/えいがのおそ松さん製作委員会 2019
劇場版『えいがのおそ松さん』(C) 赤塚不二夫/えいがのおそ松さん製作委員会 2019 全 5 枚 拡大写真
大人になってもクズでニートだけど、どこか憎めない6つ子を描いたTVアニメ「おそ松さん」の完全新作となる劇場版『えいがのおそ松さん』。この度、本作のアフレコレポートが到着した。

>>劇場版『えいがのおそ松さん』あらすじ&キャストはこちらから

現在、鋭意制作中だという本作。アニメーション制作と並行して、11月某日には豪華声優陣によるアフレコが行なわれた。

コの字に設置されている長椅子のセンターに座っていたのは、6つ子の長男・おそ松役の櫻井孝宏。動物が登場するシーンの合間には、“動物に嫌われる櫻井さん”のエピソードトークで盛り上がり、また本番前に居ないキャストを呼びにいったり、6人で合わせるセリフは「最後の一音まで言いましょうか」など率先して音響監督に聞くなど、現場でも長男らしい一面が。

そしてカラ松役の中村悠一は、上田燿司(デカパン役)が兼ね役をニヒルに演じたときや、トト子の可愛さを説く遠藤綾(トト子役)に「なんなんだよ、このキャラ(笑)」とツッコんでみたり、歌うシーンには「本当に苦手なんだよ…」と苦笑いしてみたり。一方のチョロ松役・神谷浩史は歌のシーンに全力投球! 本番直前にはブース内で突然高らかに歌い上げ、場の空気を温める場面もあった。

またムードメーカーぶりを大いに発揮していたのは、一松役・福山潤。「よろしくお願いしまぁす!」と本番毎に言い、場の空気を高め、後輩声優にも優しく声をかける姿も。十四松役の小野大輔は、マイク前で声を発した瞬間十四松になり、キラーワードを繰り出してはほかのキャストを爆笑させ、末っ子・トド松役の入野自由は、いきなり沸点に到達するトド松の見事なキレ芸を披露していた。

丁寧且つ順調に進行していった今回アフレコ。完全新作エピソードだけに、長時間にわたる収録となったが、無事オールプアップ。そんなアフレコを終え、櫻井さんは「『日本よ、これがおそ松だ』と言っていいほどの圧倒的なストーリーでした。2023年の公開をお楽しみに! え! 来年なの!?」とお茶目なコメントを寄せている。

劇場版『えいがのおそ松さん』(C) 赤塚不二夫/えいがのおそ松さん製作委員会 2019
なお、映画化を記念して発売される「おそ松さん第1期 DVD&Blu-ray BOX」のスペシャル企画として、“おそ松さん総選挙”がスタート。第1期ふり返り特設サイト「松まとめ」もオープンした。

おそ松さん総選挙
劇場版『えいがのおそ松さん』は2019年3月15日(金)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加