全回満席・立ち見の大反響!『ゴッズ・オウン・カントリー』2月拡大公開へ

先日、たった5回の上映ながら全ての回で満席、立ち見が発生したラブストーリー『ゴッズ・オウン・カントリー』。この大反響を受け、ついに2019年2月より緊急拡大公開されることが決定した。

映画 洋画ニュース
『ゴッズ・オウン・カントリー』場面写真(C)Dales Productions Limited/The British Film Institute 2017
『ゴッズ・オウン・カントリー』場面写真(C)Dales Productions Limited/The British Film Institute 2017 全 5 枚
拡大写真
先日、たった5回の上映ながら全ての回で満席、立ち見が発生、多くの映画ファンが「観たくても観られない」現象が発生したラブストーリー『ゴッズ・オウン・カントリー』。この大反響を受け、ついに2019年2月より緊急拡大公開されることが決定した。

>>『ゴッズ・オウン・カントリー』あらすじ&キャストはこちらから

日本でもヒットした『君の名前で僕を呼んで』と全く同様に2017年のサンダンス映画祭(監督賞受賞)や第67回ベルリン国際映画祭で上映された本作。ほかにも英国インディペンデント映画賞作品賞受賞、英国アカデミー賞ノミネートなど、数々の映画賞・映画祭を席巻してきた。

今年7月、セクシュアル・マイノリティをテーマにした映画祭「レインボーリール東京~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~」にてジャパンプレミア上映されると、700席(350席×2回)が完売したものの、日本での配給会社が決まらず、劇場公開が危ぶまれていた。

『ゴッズ・オウン・カントリー』場面写真(C)Dales Productions Limited/The British Film Institute 2017

■「観たくても観られない…」チケットを求め劇場の予約サーバがダウン!


シネマート新宿では12月2日(日)からスタートすると、上映回5回は全て満席+立ち見(333席+α)となる大ヒットに! チケットの販売開始時にはアクセス集中により、サーバが5回ともダウン。SNSでは運よく本作を目にした人たちからの絶賛の口コミの嵐となり、2018年のベスト級に上げる人も。『カメラを止めるな』と同じく、多くの映画ファンが「観たくても観られない!」現象が生まれていた。


再上映を望む声が絶えない中で、今回ついに緊急・拡大公開が決定。配給会社(ファインフィルムズ)の担当者が満席のシネマート新宿にて鑑賞し、即、買い付ける事態となったという。世界中を感嘆させてきた珠玉のラブストーリーを、スクリーンで見逃さないで。

『ゴッズ・オウン・カントリー』は2019年2月2日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋、センチュリーシネマほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加