ブラピ製作×C・ベール主演、チェイニー副大統領の仰天の実話を描く『バイス』予告

クリスチャン・ベール主演×アダム・マッケイ監督×ブラッド・ピット製作の『マネー・ショート 華麗なる大逆転』チームが再集結した『バイス』の日本公開日が、4月5日(金)に決定。海外版予告編も到着した。

映画 洋画ニュース
『バイス』(C) 2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.
『バイス』(C) 2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved. 全 6 枚 拡大写真
クリスチャン・ベール主演×アダム・マッケイ監督×ブラッド・ピット製作の『マネー・ショート 華麗なる大逆転』チームが再集結した『バイス』の日本公開日が、4月5日(金)に決定。海外版予告編も到着した。

11の映画賞を受賞、71のノミネートを記録し、すでに今年度のアカデミー賞大本命として大注目の本作は、ワイオミングの田舎の電気工から“事実上の大統領”に上り詰め、アメリカを自在に操り、アメリカ史上最も権力を持ったチェイニー副大統領の前代未聞の裏側を描いた社会派エンターテインメント。

監督&脚本を務めるアダム・マッケイは、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』で第88回アカデミー賞 脚色賞を受賞したほか、作品賞・監督賞・助演男優賞・編集賞・脚色賞の主要5部門にノミネートされ、世界中からその手腕を認められた。また製作はプランBエンターテインメントが手掛け、代表であるブラッド本人がプロデュースした。

“アメリカ史上最強で最凶な副大統領(バイス)”チェイニー役を務めたのは、『ダークナイト』『アメリカン・ハッスル』などに出演したクリスチャン。今回マッケイ監督は「クリスチャン・ベール以外にこの役をできる人を思いつかなかったし、もし断られていたら、多分この映画を作ることはなかった」と語るほどラブコールを送っていたそう。

今作では20代~70代までを熱演。体重は約20kg激増し、髪を剃り、眉毛を脱色するなどの見た目だけでなく、演技の面でも完璧なアプローチで演じ、見事なまでのチェイニーを作り上げた。

クリスチャン・ベール -(C) Getty Images
また彼の妻役には、『魔法にかけられて』『ザ・ファイター』『メッセージ』のエイミー・アダムス、ラムズフェルド国防長官役に『リトル・ミス・サンシャイン』『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』のスティーヴ・カレル、ブッシュ大統領役に『グリーンマイル』『アイアンマン2』のサム・ロックウェルら超豪華な顔ぶれとなっている。

エイミー・アダムス-(C)Getty Images
公開日決定と合わせて到着した海外版予告編では、チェイニーがジョージ・W・ブッシュから副大統領のポジションを依頼されるシーンからスタート。副大統領について“お飾りの仕事”と揶揄しながら、「俺はできる仕事しか引き受けない。官僚対策、軍事問題、エネルギー問題、外交政策だけだ」とチェイニー。

そしてやるのかやらないのか、ブッシュが聞くと、「うまくいきそうだ」と返す彼の顔には不敵な笑みが浮かんでいる。


『バイス』は4月5日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加